Nobby by TESCOM NIB500A と テスコム Nobby NB4000 のスペックレビュー

作成日時: 2022-04-27 22:49:42

Nobby by TESCOM NIB500Aテスコム Nobby NB4000
Nobby by TESCOM NIB500Aテスコム Nobby NB4000

「Nobby by TESCOM NIB500A」と「テスコム Nobby NB4000」はどういう点で評価の違いや差があるか?どっちを選んだ方がいいのかを徹底評価。どちらのヘアドライヤーにした方がいいのか考えているならおススメします。

Nobby by TESCOM NIB500Aテスコム Nobby NB4000
Nobby by TESCOM NIB500Aテスコム Nobby NB4000
Nobby by TESCOM NIB500Aテスコム Nobby NB4000
総合評価:
最高温度rating-image1
120℃
rating-image1
120℃
最大消費電力rating-image1.0
1300W
rating-image1
1500W
本体サイズrating-image1.8
245mm × 226mm × 81mm
rating-image2.0
245mm × 226mm × 77mm
本体重量rating-image2.0
620g
rating-image1.3
720g
コードrating-image1.8
1.7m
rating-image4.9
3m
付属ブラシrating-image1
1個
rating-image1
1個

価格を見る

価格を見る

より詳細に比較

「テスコム Nobby NB4000」より「Nobby by TESCOM NIB500A」が優れている理由

  • 極めて軽い本体重量
    40.9点(645位) vs 26点(769位)

「Nobby by TESCOM NIB500A」より「テスコム Nobby NB4000」が優れている理由

  • とても小さい本体サイズ
    40.3点(315位) vs 36.6点(362位)
  • コードはすごく長い
    97.8点(28位) vs 35.2点(598位)

「Nobby by TESCOM NIB500A」と「テスコム Nobby NB4000」の特性と特色についての徹底比較

利便性に関する「Nobby by TESCOM NIB500A」と「テスコム Nobby NB4000」の評価比較について

本体サイズについて

本体サイズが小さいヘアドライヤーは場所をとらないのでコンパクトに収納や持ち運びができるといった点でよいといえなくもないでしょう。旅行などに持参したいような時におすすめだと思います。

「Nobby by TESCOM NIB500A」と「テスコム Nobby NB4000」の本体サイズを比べると「テスコム Nobby NB4000」は245mm × 226mm × 77mmで「Nobby by TESCOM NIB500A」は245mm × 226mm × 81mmです。「テスコム Nobby NB4000」も「Nobby by TESCOM NIB500A」もほとんど同程度のサイズです。実用的な違いはゼロかと思われます。

ほかの角度から決めたほうがよさそうです。

本体サイズ評価
Nobby by TESCOM NIB500A
245mm × 226mm × 81mm36/100
テスコム Nobby NB4000
245mm × 226mm × 77mm40/100

本体重量について

本体重量が軽いヘアドライヤーは腕が疲れることなく長時間使用することができるといった点で優れた部類に入るといえなくもありません。ドライヤーを持つ手に負担が少なく楽にヘアセットするような場合おすすめといえるかもしれません。

本体重量を比較すると「Nobby by TESCOM NIB500A」は620gで「テスコム Nobby NB4000」は720gです。100gの違いがあります。「テスコム Nobby NB4000」の重量と比較して「Nobby by TESCOM NIB500A」は非常に軽いです。「Nobby by TESCOM NIB500A」は手軽に持ち運んで使用できるといった点で「テスコム Nobby NB4000」よりも大変秀でていると言えそうです。小さなお子様やお年寄りの方、握力が弱い方が手に持って使用するようなとき「Nobby by TESCOM NIB500A」は「テスコム Nobby NB4000」よりかなり向いていると言えそうです。

実際の利用において「Nobby by TESCOM NIB500A」と「テスコム Nobby NB4000」の体感値としての差はとても大きいです。「Nobby by TESCOM NIB500A」に決めるための一つの重要な決め手となると思います。

本体重量評価
Nobby by TESCOM NIB500A
620g40/100
テスコム Nobby NB4000
720g26/100

コードについて

長いコードのヘアドライヤーはドライヤーしながら移動できるという点で秀でているといえそうです。例えば電源から離れた位置で使用したいときに向いていると言えるかもしれません。

コードについて比べると「Nobby by TESCOM NIB500A」は1.7mであるのに対して「テスコム Nobby NB4000」は3mです。「Nobby by TESCOM NIB500A」と「テスコム Nobby NB4000」はかなり違いがあります。コードという視点で見ると「Nobby by TESCOM NIB500A」より「テスコム Nobby NB4000」の方がとても長いコード長です。「テスコム Nobby NB4000」はコンセントが少し離れた場所であったとしても使用できる点で「Nobby by TESCOM NIB500A」よりも優れていると言えそうです。「テスコム Nobby NB4000」は「Nobby by TESCOM NIB500A」よりコンセントから離れたところでドライヤーをかけたりしたいならとても向いていると言えるかもしれません。

実際に利用する上で「テスコム Nobby NB4000」と「Nobby by TESCOM NIB500A」は体感上遥かに大きい差があります。「テスコム Nobby NB4000」にする重要な理由の一つになります。

コード評価
Nobby by TESCOM NIB500A
1.7m35/100
テスコム Nobby NB4000
3m97/100

動力に関する詳細比較

最大消費電力について

消費電力が小さいと使用時間が長くなるので必ずしも省電力にはつながらないが、他の家電機器と同時に使用してもブレーカーが落ち難くく、そのことを心配せずに使用できるため、最大消費電力が小さいヘアドライヤーは優れているといえるかもしれません。延長コードなどで同時に電力を消費している場合に使用する時に向いていると言えそうです。

「テスコム Nobby NB4000」と「Nobby by TESCOM NIB500A」の最大消費電力について比較すると「Nobby by TESCOM NIB500A」は1300Wであり「テスコム Nobby NB4000」は1500Wです。違いは少ししかありません。「テスコム Nobby NB4000」の消費電力より「Nobby by TESCOM NIB500A」の方がわずかに小さいです。他の家電と合わせて使う際にブレーカーが落ちにくくできる為「テスコム Nobby NB4000」より「Nobby by TESCOM NIB500A」の方が多少よいと言えるかもしれません。電気代が抑えられるので毎日使いする場合体感上の差はほとんど無いと思われます。

数値としては「Nobby by TESCOM NIB500A」の方が小さいですが大多数の人にとって気にするほどの違いはほぼありません。

最大消費電力評価
Nobby by TESCOM NIB500A
1300W19/100
テスコム Nobby NB4000
1500W6/100

付属品に関する「Nobby by TESCOM NIB500A」と「テスコム Nobby NB4000」の比較詳細について

付属ブラシについて

「テスコム Nobby NB4000」と「Nobby by TESCOM NIB500A」の付属ブラシについて比較すると「テスコム Nobby NB4000」は1個であるのに対して「Nobby by TESCOM NIB500A」は1個です。ほとんど違いはないです。実用上の違いは無いです。

他の角度で決めることをおすすめします。

付属ブラシ評価
Nobby by TESCOM NIB500A
1個11/100
テスコム Nobby NB4000
1個11/100

ドライヤーに関する「Nobby by TESCOM NIB500A」と「テスコム Nobby NB4000」の詳細比較について

最高温度について

最高温度が高いヘアドライヤーは短時間で乾かすことができる為優れているでしょう。高い温度で髪の毛を早く乾燥したい時にお勧めだと思います。

最高温度について比較すると「テスコム Nobby NB4000」は120℃に対して「Nobby by TESCOM NIB500A」は120℃です。ほとんど差はありません。体感できるほどの違いはゼロでしょう。

他の角度で比べる方がいいでしょう。

最高温度評価
Nobby by TESCOM NIB500A
120℃15/100
テスコム Nobby NB4000
120℃15/100

ハンズフリーでの使用可否について

ハンズフリーで使用できるヘアドライヤーはスマホ操作やスキンケアをしながら使用できるため優秀な部類に入るかと思います。手放しで使用するような時に適していると言えるでしょう。

「テスコム Nobby NB4000」も「Nobby by TESCOM NIB500A」もハンズフリーで使用できるヘアドライヤーです。そのため「Nobby by TESCOM NIB500A」も「テスコム Nobby NB4000」も髪を乾かしている間、両手が開くので作業をしながら髪を乾かすことができる点においてよいです。両手が使えるのでブラシや鏡を持って使用したい時にどちらもおすすめだと思います。

冷風機能について

ヘアスタイルを長持ちさせることができるので、冷風機能を搭載しているヘアドライヤーは優れていると言えるかもしれません。例えば髪型をキープすることができる 冷風を使い髪の毛を冷やすことで、髪の毛のたんぱく質が固くなり、スタイリングを維持したいようなときにお勧めだと思います。

「テスコム Nobby NB4000」も「Nobby by TESCOM NIB500A」も冷風機能を搭載しているヘアドライヤーです。ドライヤーで髪を乾かしてから冷風で髪の熱を冷ますと、髪の状態が固定でき、寝癖がつきにくくできるためどちらも優れていると言えるかもしれません。「Nobby by TESCOM NIB500A」も「テスコム Nobby NB4000」も冷風により髪の毛のたんぱく質が固くなり型が付きやすいので、仕上げに使用してセットアップしたいような場合に適しています。

ヘアケアに関する比較詳細について

マイナスイオン対応について

マイナスイオンに対応しているヘアドライヤーはツヤ感を出すことができるという点でよいといえそうです。マイナスイオンの清浄効果で髪へ付着する雑菌を軽減するような場合にオススメと言えるでしょう。

「Nobby by TESCOM NIB500A」も「テスコム Nobby NB4000」もマイナスイオンに対応しているヘアドライヤーです。髪を保湿して保護できる点でどちらも優れた部類に入るかもしれません。傷んだ髪を補正したい人が、つやのある髪にする場合にどちらも適しているといえるかもしれません。

イオン発生機能の搭載について

+イオンを減少させ髪の毛をさらさらにできる点においてイオン発生機能を搭載しているヘアドライヤーは秀でていると言えるかもしれません。髪の内部や地肌に潤いを与える微粒子水分の発生で、静電気を抑制し髪のダメージを軽減するようなときにおすすめと思います。

「Nobby by TESCOM NIB500A」も「テスコム Nobby NB4000」もイオン発生機能を搭載しているヘアドライヤーです。静電気の発生を抑制したり、髪のパサつきを抑えたりできるためどちらも優れた部類に入るかもしれません。どちらも髪や地肌の乾燥が気になる人がうるおいケアしながら使用するような時に適しています。

「Nobby by TESCOM NIB500A」と「テスコム Nobby NB4000」の詳細一覧

Nobby by TESCOM NIB500Aテスコム Nobby NB4000
画像Nobby by TESCOM NIB500Aテスコム Nobby NB4000
ドライヤー方式ヘアドライヤーヘアドライヤー
温風性能120℃(周囲温度30℃の場合。BOOST-HIGHのときの温度)120℃(周囲温度30℃/セットフード無しの場合)
最高温度120℃120℃
ハンズフリーで使用できるかどうか
冷風機能を搭載しているかどうか
マイナスイオンに対応しているかどうか
発生イオン種別プロテクトイオンマイナスイオン
イオン発生機能を搭載しているかどうか
対応電圧AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
消費電力1300W1500W
最大消費電力1300W1500W
カラーホワイトアッシュ/スモーキーグレー/ブラックブラック/ホワイト
本体サイズ245mm × 226mm × 81mm245mm × 226mm × 77mm
サイズ幅245×高さ226×奥行81mm(本体のみ)幅245×高さ226×奥行77mm(セットフード別)
重量620g(本体のみ)720g(セットフード別)
本体重量620g720g
コード長1.7 m3 m
コード1.7m3m
付属ブラシ付属数:1 個/セットフード(ブロータイプ)付属数:1 個/セットフード
付属ブラシ1個1個

類似のヘアドライヤーを探す

他のヘアドライヤーと比較する

価格をチェック

類似のヘアドライヤーを探す

他のヘアドライヤーと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。