オムロン HCR-1702 と オムロン HEM-1021 (2016) の性能を徹底解説

作成日時: 2023-03-26 20:28:04

オムロン HCR-1702オムロン HEM-1021 (2016)
オムロン HCR-1702オムロン HEM-1021 (2016)

「オムロン HEM-1021 (2016)」と「オムロン HCR-1702」について選ぶならどっちがおすすめなのか検証。どういう面で違いや差があるのかを解説・評価しています。「オムロン HCR-1702」と「オムロン HEM-1021 (2016)」のどっちにした方がいいかが、選ぶのに慣れていない人でも簡単に決められます!

オムロン HCR-1702オムロン HEM-1021 (2016)
オムロン HCR-1702オムロン HEM-1021 (2016)
総合評価:
計測できる最大腕周rating-image1.5
320mm
rating-image1.5
320mm
計測できる最小腕周rating-image4.5
170mm
rating-image4.5
170mm
登録できるアカウント数rating-image3.4
2人
rating-image3.4
2人
計測結果を保存しておける回数rating-image2.7
90回
rating-image2.7
90回

オムロン HCR-1702は、1.6kgの重量があり、AC電源を使用することができます。計測方法はアームイン式であり、腕周りの計測が可能です。最大対応腕周は320mmで、最小対応腕周は170mmです。また、平均値表示機能や体動センサー、脈間隔分析機能、アカウント機能が装備されており、最大2人までのアカウント数を保存することができ、計測結果を90回記録することができます。

一方、オムロン HEM-1021 (2016)も1.6kgの重量であり、AC電源を使用することができます。計測方法はアームイン式で、手首の最大周長は320mmです。また、腕周りの計測が可能であり、最大対応腕周は320mm、最小対応腕周は170mmである点が共通しています。加えて、平均値表示機能や体動センサー、脈間隔分析機能、アカウント機能を備えており、最大2人までのアカウント数を保存することができ、計測結果を90回記録することができます。

これらの血圧計は、重さやAC電源を使用することができる点が共通しており、計測方法もアームイン式となっています。また、最大対応腕周や最小対応腕周、平均値表示機能、体動センサー、脈間隔分析機能、アカウント機能が装備されており、最大2人までのアカウント数を保存することができ、計測結果を90回記録することができます。しかしながら、オムロン HCR-1702とオムロン HEM-1021 (2016)の最大の違いは、前者が腕周りの計測に対応しているのに対し、後者は手首の最大周長に対応しているという点です。

総じて言えるのは、どちらの血圧計も機能的であるということですが、計測方法によって腕周りの計測と手首の計測に対応していることが異なるため、使用する際には、患者の状態に合わせて適切なものを選択する必要があると言えます。

icn
オムロン HEM-1021 (2016) と比較して オムロン HCR-1702 を選ぶメリット

-

icn
オムロン HCR-1702 と比較して オムロン HEM-1021 (2016) を選ぶメリット

-

「オムロン HCR-1702」と「オムロン HEM-1021 (2016)」を徹底比較する

測定結果について「オムロン HCR-1702」と「オムロン HEM-1021 (2016)」を比較

平均値表示機能について

平均値を表示できる血圧計は健康管理・疾病予防できる点で優れています。例えば自分の平均的な血圧を把握するといったようなときで役立ちます。

「オムロン HEM-1021 (2016)」も「オムロン HCR-1702」も平均値を表示できる血圧計です。そのため異常値が出たときすぐ発見できる点で秀でています。どちらも朝晩等の血圧が変動しやすい方に平均値を元に異常がないか判断するのにおすすめです。

体動センサーについて

体動センサーを搭載している血圧計は誤差を少なくし、より正確な数値を測定できる点で使い勝手が良いです。例えば身体の動きに反応して正確に血圧を測定するのに最適です。

「オムロン HCR-1702」も「オムロン HEM-1021 (2016)」も体動センサーを搭載している血圧計です。そのため計測中に体を動かしてしまった時に、正確に測定できていない可能性を示唆できる点で優れています。どちらも測定中体を動かしてしまい正しく計測できないなど誤計測防止するのにオススメです。

脈間隔の分析機能について

脈間隔分析機能を搭載している血圧計は血圧や脈拍の異常の原因を特定できる点で使い勝手が良いです。例えば測定中に安静であるか確認する事ができ、不整脈の検知等より正確に測定するといったケースにおすすめです。

「オムロン HCR-1702」も「オムロン HEM-1021 (2016)」も脈間隔分析機能を搭載している血圧計です。そのため不整脈の傾向である脈の乱れの把握できる点で使い勝手が良いです。どちらも脈の間隔の変動を正確に測定できるので不整脈の診断に活用するのに向いています。

アカウント機能について

アカウント機能に対応している血圧計は同居人間でデータを共有できる点で優れています。

「オムロン HCR-1702」も「オムロン HEM-1021 (2016)」もアカウント機能に対応している血圧計です。そのため個別の体調を確認できる点で秀でています。どちらも個々のアカウント別に血圧データを保存して活用するのに向いています。

登録できるアカウント数について

登録できるアカウント数が多い血圧計は多人数のデータを記録できる点で優れています。例えば家族全員分を登録できるので、皆で健康管理をするのに適しています。

登録できるアカウント数を「オムロン HCR-1702」と「オムロン HEM-1021 (2016)」で比較すると「オムロン HCR-1702」は2人で「オムロン HEM-1021 (2016)」は2人です。「オムロン HCR-1702」も「オムロン HEM-1021 (2016)」も登録できるアカウント数はほとんど同じです。登録できるアカウント数の多さランキングで比較すると全184製品のなかで「オムロン HEM-1021 (2016)」は90位で「オムロン HCR-1702」は110位なので、大きく違うとまでは言えないもののそれなりの差はあります。

体感上の差は無いです。他の角度を見て選ぶことをお勧めします。

登録できるアカウント数評価
オムロン HCR-1702
2人67/100
オムロン HEM-1021 (2016)
2人67/100

計測結果を保存しておける回数について

計測結果を保存しておける回数が多い血圧計は年間の血圧の変化を記録する事ができる点で使い勝手が良いです。例えば月毎、年毎の血圧の変化を管理するといった場合におすすめです。

計測結果を保存しておける回数を比較すると「オムロン HCR-1702」は90回で「オムロン HEM-1021 (2016)」は90回です。計測結果を保存しておける回数は「オムロン HCR-1702」も「オムロン HEM-1021 (2016)」もほぼ同じです。計測結果を記録しておける回数の多さランキングで見てみると355製品中「オムロン HCR-1702」は159位で「オムロン HEM-1021 (2016)」は147位です。ほとんど差は無いと言えます。

実用上の違いは無いです。他の視点で比較するほうがよさそうです。

計測結果を保存しておける回数評価
オムロン HCR-1702
90回54/100
オムロン HEM-1021 (2016)
90回54/100

デザインについて「オムロン HCR-1702」と「オムロン HEM-1021 (2016)」を比較

サイズについて

サイズが小さい血圧計は往診する医療関係者の荷物を軽減できる点で使い勝手が良いです。例えばスペースを取らずに設置するといったケースに最適です。

サイズを比較すると「オムロン HCR-1702」は横:246mm、縦:211mm、幅:179mmで「オムロン HEM-1021 (2016)」は横:246mm、縦:211mm、幅:179mmです。「オムロン HEM-1021 (2016)」も「オムロン HCR-1702」もサイズは同じくらいです。コンパクトさランキングで見てみると362製品中「オムロン HCR-1702」は360位で「オムロン HEM-1021 (2016)」は354位です。ほとんど差は無いと言えます。

体感上の差はありません。別の観点から選んだ方が良いでしょう。

サイズ評価
オムロン HCR-1702
横:246mm、縦:211mm、幅:179mm0/100
オムロン HEM-1021 (2016)
横:246mm、縦:211mm、幅:179mm0/100

重量について

重量が軽い血圧計は簡単に移動させることができる点で使い勝手が良いです。例えば持ち運びして使用するといったケースに適しています。

重さについて「オムロン HEM-1021 (2016)」と「オムロン HCR-1702」を比べると「オムロン HEM-1021 (2016)」は1.6kgで「オムロン HCR-1702」は1.6kgです。「オムロン HCR-1702」も「オムロン HEM-1021 (2016)」も重さの差はほとんどありません。軽量さランキングで見てみると368製品中「オムロン HCR-1702」は364位で「オムロン HEM-1021 (2016)」は358位です。ほとんど差は無いと言えます。

体感上の差は無いです。ほかの観点から比べるほうがいいでしょう。

重量評価
オムロン HCR-1702
1.6kg0/100
オムロン HEM-1021 (2016)
1.6kg0/100

AC電源について

AC電源が使える血圧計は電池切れの心配なく測定できる点で優れています。特に電池を使用することなく使用するのに向いています。

「オムロン HEM-1021 (2016)」も「オムロン HCR-1702」もAC電源が使える血圧計です。そのためバッテリー切れの心配なく利用できる点で優れています。どちらも電池式などの電池の入れ替えをする必要がない為、一定の場所に置いて設置するのに適しています。

計測方法について「オムロン HCR-1702」と「オムロン HEM-1021 (2016)」を比較

腕周りでの計測について

腕周りで計測できる血圧計は正しい姿勢で測定できる点で使い勝手が良いです。特により正確に血圧の数値を測定するのに最適です。

「オムロン HCR-1702」も「オムロン HEM-1021 (2016)」も腕周りで計測できる血圧計です。そのため正確な数値を測定できる点で秀でています。どちらも一般的な血圧計で病院などで使用され、比較的正確に計測するのにおすすめです。

計測できる最大腕周について

計測できる最大腕周が長い血圧計は腕が太くても測定できる点で秀でています。例えば体つきが大きい人や寝たきりの人を測定するといったようなケースに適しています。

計測できる最大腕周を比べると「オムロン HCR-1702」は320mmで「オムロン HEM-1021 (2016)」は320mmです。「オムロン HEM-1021 (2016)」も「オムロン HCR-1702」も計測できる最大腕周の差はほとんど無いと言えます。太い腕周りへの対応度ランキングで比較すると全193製品のなかで「オムロン HEM-1021 (2016)」は128位で「オムロン HCR-1702」は160位なので、大きく違うとまでは言えないもののそれなりの差はあります。

体感上の違いはありません。他の視点で比べた方がいいでしょう。

計測できる最大腕周評価
オムロン HCR-1702
320mm30/100
オムロン HEM-1021 (2016)
320mm30/100

計測できる最小腕周について

計測できる最小腕周が短い血圧計は腕が細くても計測できる点で使い勝手が良いです。例えば腕の周囲の長さに関わらず誰でも正しく計測するといったケースで役立ちます。

計測できる最小腕周について「オムロン HEM-1021 (2016)」と「オムロン HCR-1702」で比較すると「オムロン HEM-1021 (2016)」は170mmで「オムロン HCR-1702」は170mmです。「オムロン HEM-1021 (2016)」も「オムロン HCR-1702」も計測できる最小腕周は同じくらいです。細い腕周りへの対応度ランキングで見てみると190製品中「オムロン HCR-1702」は64位で「オムロン HEM-1021 (2016)」は54位です。ほとんど差は無いと言えます。

感覚的にわかるほどの差は無いです。他の角度で比較した方が良さそうです。

計測できる最小腕周評価
オムロン HCR-1702
170mm90/100
オムロン HEM-1021 (2016)
170mm90/100

「オムロン HCR-1702」と「オムロン HEM-1021 (2016)」の違いを表で比較する

オムロン HCR-1702オムロン HEM-1021 (2016)
画像オムロン HCR-1702オムロン HEM-1021 (2016)
サイズ横:246mm、縦:211mm、幅:179mm横:246mm、縦:211mm、幅:179mm
重量1.6kg1.6kg
AC電源が使えるかどうか
計測方式アームイン式アームイン式
計測できる手首の最大周長 - 320mm
腕周りで計測できるかどうか
計測できる最大腕周320mm320mm
計測できる最小腕周170mm170mm
平均値を表示できるかどうか
体動センサーを搭載しているかどうか
脈間隔分析機能を搭載しているかどうか
アカウント機能に対応しているかどうか
登録できるアカウント数2人2人
計測結果を保存しておける回数90回90回

類似の血圧計を探す

他の血圧計と比較する

価格をチェック

類似の血圧計を探す

他の血圧計と比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。