日本精密測器 DS-G10J (2016) 評価

2023-05-20 18:34:52

総合評価

43.8/100

(総合順位: 251/485)

評価項目点数
本体サイズ
22/100
本体重量
32/100
手首の最小周長
40/100
最大対応腕周
90/100
最小対応腕周
40/100
最大アカウント数
40/100
計測結果記録可能回数
42/100
総合評価43.8/100

評価レビュー

測定結果

平均値表示機能

日本精密測器 DS-G10J (2016)は平均値表示機能を搭載している血圧計です。この血圧計は、平均値表示機能を装備し、簡単に自分の健康状態を把握することができます。測定結果は正確で、異常値が検知された場合はアラームが鳴るため、健康管理にも役立ちます。さらに、長時間使用しても操作が簡単で、ストレスなく使用できるところが魅力です。

平均値表示機能は、それぞれの測定値を正確に把握するために必要です。この機能を備えた血圧計を使用することで、心拍数・血圧の変動をしっかりと観察することができます。また、測定値の変動をグラフ化することで、日々の変化を把握することができます。

体動センサー

日本精密測器 DS-G10J (2016)は体動センサーを搭載している血圧計であると言うことができるでしょう。この血圧計は、体動センサーを備えているため、血圧の変化を正確に把握することができます。つまり、血圧の測定値だけでなく、心拍数や体動情報を詳細に計測できます。そのため、健康管理や診断の精度向上に一役買っています。

体動センサーを搭載している血圧計は、体動が起こったときに計測を中断するため、正確な血圧値が測定されます。また、携帯性に優れ、どこでも使えるため、忙しいビジネスマンや旅行者におすすめです。さらに、一度の測定で数値が保存されるため、状態の変化を記録することが可能です。

脈間隔分析機能

日本精密測器 DS-G10J (2016)は脈間隔分析機能を搭載している血圧計であるといえます。この血圧計は、脈間隔分析機能を搭載しているため、より正確な血圧測定が可能です。この機能は、心拍数や脈波の変化を分析し、血圧をより詳細に測定することができます。また、機能が搭載されていることで、より簡単に正しい血圧値を把握することができます。

脈間隔分析機能を搭載している血圧計には、利便性の高さもあります。例えば、脈間隔分析を自動的に行う機能が搭載されている場合、手動で計算する手間が省けるため、簡単に測定ができます。また、データの記録や共有もスムーズに行えるため、診療所や病院などでの利用にも適しています。

アカウント機能

日本精密測器 DS-G10J (2016)はアカウント機能に対応していると言うことができるでしょう。アカウント機能が搭載されたこの血圧計は、健康管理において必須のアイテムと言えます。利用者は日々の血圧データを管理し、医師とのコミュニケーションや健康状態の把握に役立てることができます。加えて、複数人のデータを管理することで、家族や介護施設などグループでの健康管理にも最適です。

アカウント機能に対応している血圧計は、家族で1台を使う場合でも、各ユーザーが自分のデータを管理できるという点がメリットです。一つの血圧計で測定した各種データが、各アカウントに自動で保存されるので、分かりやすいグラフで健康状態を把握することができます。

最大アカウント数

日本精密測器 DS-G10J (2016)の場合、最大アカウント数は2人となります。これはまあまあといった感じといえます。最大アカウント数については平均に位置づけられます。100点中40点です。この血圧計は、幅広い年齢層や病状に関係なく、多くの方に愛用されています。そのため、仕様や機能が充実しており、最大アカウント数も非常に大きな数字を誇っています。

最大アカウント数が多い血圧計は、多人数で使うことを前提に設計された便利な製品です。家族や医療従事者で共有することで、血圧の変化や経過を把握し、継続的な健康管理に役立ちます。アカウントが複数あるため、プライバシーの保護にも配慮されています。

この評価から明白にわかるように、実際の活用を考えると、最大アカウント数に関して日本精密測器 DS-G10J (2016)は標準グレードであるといえます。最大アカウント数の情報を比べても意味がないといえます。

最大アカウント数評価
日本精密測器 DS-G10J (2016)2人40/100

計測結果記録可能回数

計測結果記録可能回数について、日本精密測器 DS-G10J (2016)は60回というデータになっています。そこそこな感じということができる血圧計だと思います。すべての血圧計の中でも平均的と言えます。

これらの評価情報で明白に分かるように、計測結果記録可能回数という点で日本精密測器 DS-G10J (2016)は平均的な血圧計と比べて相当似ていると感じとれると言えそうです。決定を下す上で、計測結果記録可能回数の情報はあまり役に立ちません。

計測結果記録可能回数評価
日本精密測器 DS-G10J (2016)60回42/100

デザイン

本体サイズ

本体サイズに関して日本精密測器 DS-G10J (2016)は横:162.3mm、縦:127.3mm、幅:96mmになります。これは普通と比較すると、微妙な水準にあると言えそうです。本体サイズについては低いグレードに位置するでしょう。

本体サイズが小さい血圧計のメリットは何でしょうか?まず、持ち運びに便利であることです。外出先や旅行先でも気軽に持ち歩けるので、健康管理を継続しやすくなります。また、収納場所も少なくて済むので、家庭内でもスペースを取りません。そして、小型ながらも十分な機能を持つタイプも多く、携帯性を損なわずに正確な測定が可能です。

本体サイズに関して実用上には日本精密測器 DS-G10J (2016)はわりと低い水準にある血圧計であることが分かるでしょう。そのため本体サイズを優先するのであればこの血圧計は殆ど良くない選択ということができそうです。

本体サイズ評価
日本精密測器 DS-G10J (2016)横:162.3mm、縦:127.3mm、幅:96mm22/100

本体重量

日本精密測器 DS-G10J (2016)において、本体重量は336gというデータであるといえます。すべての血圧計の中でも本体重量についての点数はわりと下回っている血圧計で、100点中32.2点であると言えるでしょう。普及している血圧計より本体重量が比較的重い血圧計となるかもしれません。

実用的な見地から言えば本体重量に関して日本精密測器 DS-G10J (2016)はそこそこ劣っている血圧計であるということが分かります。しかし絶対的とまでは必ずしもいい切れないということが分かります。

本体重量評価
日本精密測器 DS-G10J (2016)336g32/100

計測方法

手首の最小周長

日本精密測器 DS-G10J (2016)の場合、手首の最小周長は220mmになります。これはまあまあな感じと言うことができる血圧計だと思われます。100点満点中40点という得点評価をつけています。これは全ての血圧計の中でまあまあのグレードにあります。

実際に利用する上での観点から見ると手首の最小周長に関して日本精密測器 DS-G10J (2016)は中程度にあるといえるでしょう。決定を下す際に、手首の最小周長の情報はあまり意味がありません。

手首の最小周長評価
日本精密測器 DS-G10J (2016)220mm40/100

腕周り計測

日本精密測器 DS-G10J (2016)は腕周りで計測できると言うことができるでしょう。当社がリサーチしたこの血圧計は腕周りで計測できるもので、非常に使いやすく、正確に血圧を計測できます。

腕周りで計測できる血圧計を利用することで、自分自身の血圧状態を簡単にチェックすることができます。また、定期的な測定が可能なため、健康管理に役立つと言えます。さらに、医療機関だけでなく自宅でも測定ができるため、外出が困難な人にも利用しやすいことが大きなメリットです。

最大対応腕周

最大対応腕周について日本精密測器 DS-G10J (2016)は42cmです。基本的な血圧計と比べる場合、この血圧計のはるかに最大対応腕周が長い血圧計と言えそうです。全ての血圧計の中で最上位グレードにあると言えるでしょう。この血圧計は、長い最大対応腕周で利用できる、信頼性の高い製品です。測定時に不快感を与えることなく、正確なデータを提供してくれます。あらゆる年齢層において、健康管理に欠かせないアイテムとして、大変おすすめの一品です。

最大対応腕周が長い血圧計の魅力最大対応腕周が長い血圧計は、腕周が大きい人だけでなく、様々な腕周に対応できるため、使い勝手がよく、便利な血圧計です。また、正確な測定によって健康管理に役立ち、ストレスを感じずに測定できるため、忙しい現代人にとっても重宝されています。

実用的な観点から言えば日本精密測器 DS-G10J (2016)は非常に上位にある血圧計であることが分かります。このためこの血圧計はおすすめといえます。また最大対応腕周を重視する場合この血圧計にした方がいいと考えられそうです。

最大対応腕周評価
日本精密測器 DS-G10J (2016)42cm90/100

最小対応腕周

日本精密測器 DS-G10J (2016)における最小対応腕周において220mmというデータとなっています。最小対応腕周については、標準レベルに位置し、当サイトの評価点は100点満点中40点です。まあまあな感じと言えるでしょう。

最小対応腕周において実用的な視点から判断すると日本精密測器 DS-G10J (2016)は平均的な血圧計であると言うことができます。ほかの角度から評価する必要性がある点は気を付けるべきであると言うことができるでしょう。

最小対応腕周評価
日本精密測器 DS-G10J (2016)220mm40/100

スペック

日本精密測器 DS-G10J (2016)
画像日本精密測器 DS-G10J (2016)
本体サイズ横:162.3mm、縦:127.3mm、幅:96mm
本体重量336g
計測方式カフ式
手首の最小周長220mm
腕周り計測
最大対応腕周42cm
最小対応腕周220mm
平均値表示機能
体動センサー
脈間隔分析機能
アカウント機能
最大アカウント数2人
計測結果記録可能回数60回

日本精密測器 DS-G10J (2016) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。