HUAWEI Band 7 と Fitbit Sense (2020) の性能を比較

作成日時: 2022-05-25 14:39:56

HUAWEI Band 7Fitbit Sense (2020)
HUAWEI Band 7Fitbit Sense (2020)

「HUAWEI Band 7」と「Fitbit Sense (2020)」の情報を幅広く網羅。どのような点で違うのでしょうか?「HUAWEI Band 7」と「Fitbit Sense (2020)」のどちらにした方がいいのか迷っているなら必見です

HUAWEI Band 7Fitbit Sense (2020)
HUAWEI Band 7Fitbit Sense (2020)
HUAWEI Band 7Fitbit Sense (2020)
総合評価:
耐水深度rating-image2.3
50m
rating-image2.3
50m

より詳細に比較

HUAWEI Band 7 は、軽量の16gであり、シリコンベルトが付属しています。画面サイズは1.47インチで画素密度は282ppiで、タッチパネルにも対応しています。最大記録可能日数は約14日であり、バッテリー容量は180mAhです。耐水深度は50mで防水にも対応しています。また、心拍数計測機能、消費カロリー計測機能、移動距離計測機能、歩数計測機能、睡眠状態計測機能が搭載されており、水泳、ランニング、サイクリング、ヨガにも対応しています。さらに、着信通知機能やメール通知機能があり、加速度センサー機能、ジャイロセンサー機能も搭載されています。 HUAWEI Band 7 は全体的に使い勝手が良く、手軽に多機能なスマートウォッチを求める方におすすめです。

Fitbit Sense (2020) では、強化ガラスが使用されており、さらにタッチパネルにも対応しています。耐水深度は50mで防水にも対応しています。しかも、NFCに対応しているため、スマートフォンとの連携も楽にできます。また、心拍数計測機能、消費カロリー計測機能、移動距離計測機能、歩数計測機能、睡眠状態計測機能が搭載されています。着信通知機能、メール通知機能はもちろん、音声操作にも対応しています。加速度センサー機能、ジャイロセンサー機能、高度計測機能、GPS機能、光センサー機能も備わっているため、スポーツやアウトドアなどで活躍することができます。更に、水泳、ランニング、サイクリングにも対応しています。全体的に使用機能が豊富で、さらに音声操作もできるため、 Fitbit Sense (2020) は高品質で多機能なスマートウォッチを探している方に強くおすすめしたい製品です。

総合的に考えると、HUAWEI Band 7 は軽量で使い勝手が良く、基本的な多機能が揃っています。一方で、 Fitbit Sense (2020) は高品質で多機能、音声操作にも対応しており、スポーツやアウトドアなどで活躍することができます。どちらも防水や耐水深度に対応しており、異なる特徴や機能を持っています。スマートウォッチを探している方には、目的や使い方によって選ぶことをおすすめします。

「Fitbit Sense (2020)」より「HUAWEI Band 7」を選ぶべき2つの理由

  • ベルト素材にシリコンを採用している
  • ヨガに対応している

「HUAWEI Band 7」より「Fitbit Sense (2020)」を選ぶべき6つの理由

  • 強化ガラスを使っている
  • NFCに対応している
  • 声での操作に対応している
  • 高度を測定できる
  • GPSを搭載している
  • 光センサーを搭載している

「HUAWEI Band 7」と「Fitbit Sense (2020)」の特長や特色についての徹底比較

「HUAWEI Band 7」と「Fitbit Sense (2020)」の便利機能を徹底比較

心拍数計測機能について

心拍数を計測できるスマートウォッチは心拍数を測定できるため優秀な部類に入るといえなくもないでしょう。運動強度などを把握してダイエットに活用したいときにオススメです。

「Fitbit Sense (2020)」も「HUAWEI Band 7」も心拍数を計測できるスマートウォッチです。そのため「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」もバイタル異常をチェックしたり、体調を管理できるといった点で秀でていると言えるでしょう。心拍数が高いと警告などのアラートが鳴るので持病がある人が利用するのにどちらも向いていると言えるでしょう。

消費カロリー計測機能について

運動時の消費カロリーを計測できるという点で消費カロリーを計測できるスマートウォッチは優れているといえるかもしれません。とくにどれくらい運動したかを数値で確認するとき、おすすめと言えるかもしれません。

「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」も消費カロリーを計測できるスマートウォッチです。そのためウォーキングやランニングのデータから消費カロリーを算出できる点において「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」も優れているかと思います。「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」も自分自身の消費カロリーを知り健康を維持したいならお勧めだと思います。

移動距離計測機能について

移動距離を計測できるスマートウォッチは移動距離記録などで運動データを計測できる為優秀です。特に移動した距離を計測するときに向いています。

「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」も移動距離を計測できるスマートウォッチです。任意の場所の間の距離を知る事ができる点で「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」も優れた部類に入るといえなくもありません。ランニング時に自分がどの程度の距離を走ったか把握するような場合に「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」もお勧めです。

歩数計測機能について

万歩計の代わりとして使用できるので、歩数を計測できるスマートウォッチは優秀といえるかもしれません。ウォーキングやランニング等で自分にあった適正で効率的なトレーニングをしたい人が使用したいような時におすすめだと思います。

「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」も歩数を計測できるスマートウォッチです。万歩計を使用すること無く日々の記録ができる為「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」も優秀と言えるかもしれません。どちらもダイエットなどのウォーキングをしたいときにおすすめと思います。

睡眠状態計測機能について

睡眠の状態を計測できるスマートウォッチは自分の睡眠時間がどのくらいなのか知ることができる点において秀でているでしょう。特に計測したデータを用いて睡眠の質を改善するようなときにお勧めだと思います。

「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」も睡眠の状態を計測できるスマートウォッチです。そのため睡眠の質の改善につなげることができる点でどちらも秀でた部類に入るといえるかもしれません。毎日の睡眠の質を知ることができ、生活や睡眠リズムを把握するような時に「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」もお勧めと言えるでしょう。

着信通知機能について

スマートフォンなどと連携して着信状態を把握できるので、着信通知を確認できるスマートウォッチは優秀な部類に入るでしょう。電話の着信を確認するのにオススメです。

「Fitbit Sense (2020)」も「HUAWEI Band 7」も着信通知を確認できるスマートウォッチです。大事な連絡を見逃してしまうことを防ぐことができる点において「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」も優れていそうです。どちらもスマートフォンなどと連携して着信状態を把握するようなときにおすすめです。

メール通知機能について

手元にスマホがないときでも通知を確認できるといった点でメール通知を確認できるスマートウォッチは優秀といえるかもしれません。お出かけ先や、仕事中など、携帯をカバンから出さなくても確認するような場合、オススメです。

「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」もメール通知を確認できるスマートウォッチです。そのためどちらも外出先や仕事中に緊急時の連絡をすぐ確認できるといった点で優れた部類に入ると言えそうです。メールの見逃しを防止するような場合に「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」もお勧めと言えそうです。

「HUAWEI Band 7」と「Fitbit Sense (2020)」の搭載センサーの比較評価について

加速度センサー機能について

加速度センサーを搭載しているスマートウォッチはどの方向にどれくらいの速度で移動しているのか速度変化を把握できる為優秀といえそうです。単位時間当たりの速度を測定したいような場合に適しています。

「Fitbit Sense (2020)」も「HUAWEI Band 7」も加速度センサーを搭載しているスマートウォッチです。運動時に速度変化を確認できるので「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」も秀でていると言えそうです。移動速度を把握する時にどちらもお勧めです。

ジャイロセンサー機能について

ジャイロセンサーを搭載しているスマートウォッチはカメラで写真撮影をするときに手ブレを防止できる為、優秀な部類に入ると思います。回転方向の動きを測定するならオススメだと思います。

「Fitbit Sense (2020)」も「HUAWEI Band 7」もジャイロセンサーを搭載しているスマートウォッチです。そのため動きを検出し、それに合わせた動作ができるといった点でどちらも秀でているといえなくもないでしょう。装着している人の速度の変化を計測するようなときにどちらもお勧めだと思います。

用途に関する「HUAWEI Band 7」と「Fitbit Sense (2020)」の評価比較

水泳対応について

「Fitbit Sense (2020)」も「HUAWEI Band 7」も水泳に対応しているスマートウォッチです。

ランニング対応について

「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」もランニングに対応しているスマートウォッチです。

サイクリング対応について

「Fitbit Sense (2020)」も「HUAWEI Band 7」もサイクリングに対応しているスマートウォッチです。

「HUAWEI Band 7」と「Fitbit Sense (2020)」の機能について

耐水深度について

深い水の中でも安心して利用できるので、深い耐水深度のスマートウォッチは優秀な部類に入ると思います。水泳やダイビング時に着用したいような場合におすすめと言えるでしょう。

「Fitbit Sense (2020)」と「HUAWEI Band 7」の耐水深度を比較すると「HUAWEI Band 7」は50mであるのに対して「Fitbit Sense (2020)」は50mです。「HUAWEI Band 7」と「Fitbit Sense (2020)」は同じくらいです。実用上の差はゼロです。

別の観点で選んだ方がよいでしょう。

耐水深度評価
HUAWEI Band 7
50m45/100
Fitbit Sense (2020)
50m45/100

防水対応について

水に濡れる環境でも使用できる点において防水に対応しているスマートウォッチは良いと思います。特に川や海、キャンプなど、水が掛かるような場所で使用するような時に向いています。

「Fitbit Sense (2020)」も「HUAWEI Band 7」も防水に対応しているスマートウォッチです。そのためどちらも水仕事や水上スポーツをする時に使用できるといった点で秀でているといえなくもありません。水泳や野外の雨天時など水がかかる場所で使用するのに「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」もお勧めといえるかもしれません。

画面についての「HUAWEI Band 7」と「Fitbit Sense (2020)」の比較詳細

タッチパネルについて

画面にタッチパネルを採用しているスマートウォッチは指先で手軽に操作することができる点で優秀といえそうです。タッチして操作したいときに適しています。

「Fitbit Sense (2020)」も「HUAWEI Band 7」も画面にタッチパネルを採用しているスマートウォッチです。そのため「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」も指でタッチするだけで簡単に操作できる点において秀でているかもしれません。「HUAWEI Band 7」も「Fitbit Sense (2020)」もボタン以外で操作するような場合に適していると言えそうです。

「HUAWEI Band 7」と「Fitbit Sense (2020)」を表で情報一覧をくらべる

HUAWEI Band 7Fitbit Sense (2020)
画像HUAWEI Band 7Fitbit Sense (2020)
本体重量16g -
シリコンベルト -
グラファイトブラック/ウィルダネスグリーン/フレイムレッド/ネビュラピンクカーボン/グラファイト/ルナホワイト/ソフトゴールド
画面サイズ1.47インチ -
画面解像度368×194 -
画素密度282ppi -
強化ガラスの使用 -
タッチパネル
画面コーティング - ゴリラガラス
画面の表示方式AMOLEDAMOLED
最大記録可能日数約14日 -
バッテリー容量180mAh -
耐水深度50m50m
防水対応
NFC対応 -
対応Wifi - b/g/n
対応Bluetooth55
耐水性能50m防水/IPX8相当50m防水/IPX8相当
心拍数計測機能
消費カロリー計測機能
移動距離計測機能
歩数計測機能
睡眠状態計測機能
着信通知機能
メール通知機能
音声操作対応 -
加速度センサー機能
ジャイロセンサー機能
高度計測機能 -
GPS機能 -
光センサー機能 -
水泳対応
ランニング対応
サイクリング対応
ヨガ対応 -

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。