Amazfit GTS 4 と Fitbit Versa 4 を比較

作成日時: 2022-10-18 16:28:39

Amazfit GTS 4Fitbit Versa 4
Amazfit GTS 4Fitbit Versa 4

「Amazfit GTS 4」と「Fitbit Versa 4」はどっちがいいのでしょうか。どちらが良いのかについて評価レビュー。どの程度違いや差があるかについて比較・評価しました!

Amazfit GTS 4Fitbit Versa 4
Amazfit GTS 4Fitbit Versa 4
Amazfit GTS 4Fitbit Versa 4
総合評価:
画面サイズrating-image5.0
1.75インチ
rating-image4.9
1.58インチ
耐水深度rating-image2.3
50m
rating-image2.3
50m

より詳細に比較

Amazfit GTS 4は、本体重量が27gであり、画面サイズは1.75インチ、画素密度は340ppiです。また、強化ガラスを使用したタッチパネルが採用されており、操作性に優れています。さらに、最大記録可能日数は約8日、バッテリー容量は300mAhであり、一度の充電で長時間使用できます。耐水深度は50mであり、防水対応もされているため、水泳やシャワーを浴びる際などでも心配がいりません。心拍数計測機能や消費カロリー計測機能、移動距離計測機能、歩数計測機能、睡眠状態計測機能があり、健康やフィットネス管理を行う上で有効です。さらに、着信通知機能や音声操作対応、加速度センサー機能、ジャイロセンサー機能、方位計測機能、気圧計測機能、高度計測機能、GPS機能、光センサー機能を搭載しています。水泳やランニング、サイクリング、フィットネス機器、クライミングなど、多彩なスポーツに対応しています。

Fitbit Versa 4は、画面サイズが1.58インチで、タッチパネルを搭載しています。耐水深度は50mで、防水対応もされており、水中での使用も可能です。また、NFC対応や電子マネー対応も備えており、スムーズな決済も可能です。心拍数計測機能や消費カロリー計測機能、移動距離計測機能、歩数計測機能、睡眠状態計測機能があり、健康管理に有効です。着信通知機能や音声操作対応、加速度センサー機能、高度計測機能、GPS機能、光センサー機能を搭載しており、水泳やランニング、サイクリング、ヨガなど、多彩なスポーツに対応しています。

Amazfit GTS 4とFitbit Versa 4は、両方とも耐水性があり、多彩なスポーツに対応しています。Amazfit GTS 4は、本体重量や画面サイズ、画素密度に優れており、長時間使用できるバッテリー容量も魅力的です。一方、Fitbit Versa 4は、NFC対応や電子マネー対応、ヨガ対応が特徴的です。どちらのスマートウォッチも、健康やフィットネス管理に有効であり、ユーザーの好みやニーズに合わせて選択することができます。

総合的に、Amazfit GTS 4とFitbit Versa 4は、共に優れたスマートウォッチであり、どちらを選んでも満足度は高いでしょう。それぞれの製品の特徴を比べて、自分に合ったものを選択することをおすすめします。

「Fitbit Versa 4」より「Amazfit GTS 4」を選ぶべき理由

  • 強化ガラスを使っている
  • ジャイロセンサーを搭載している
  • 方位を計測できる
  • 気圧を計測できる
  • フィットネス機器に対応している
  • クライミングに対応している

「Amazfit GTS 4」より「Fitbit Versa 4」を選ぶべき理由

  • NFCに対応している
  • 電子マネーに対応している
  • ヨガに対応している

特色や特性について「Amazfit GTS 4」と「Fitbit Versa 4」を徹底的に比較してみた

用途についての詳細比較

水泳対応について

「Fitbit Versa 4」も「Amazfit GTS 4」も水泳に対応しているスマートウォッチです。

ランニング対応について

「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」もランニングに対応しているスマートウォッチです。

サイクリング対応について

「Fitbit Versa 4」も「Amazfit GTS 4」もサイクリングに対応しているスマートウォッチです。

機能について

耐水深度について

深い水の中でも安心して利用できるので、深い耐水深度のスマートウォッチは優秀な部類に入ると思います。水泳やダイビング時に着用したいような場合におすすめと言えるでしょう。

耐水深度を「Fitbit Versa 4」と「Amazfit GTS 4」を比較すると「Fitbit Versa 4」は50mで「Amazfit GTS 4」は50mです。「Amazfit GTS 4」と「Fitbit Versa 4」は同じくらいです。体感的な差は無いと思います。

別の角度で決める方がよいでしょう。

耐水深度評価
Amazfit GTS 4
50m45/100
Fitbit Versa 4
50m45/100

防水対応について

水に濡れる環境でも使用できる点において防水に対応しているスマートウォッチは良いと思います。とくに水濡れによる故障のリスクを回避するようなときにお勧めといえそうです。

「Fitbit Versa 4」も「Amazfit GTS 4」も防水に対応しているスマートウォッチです。そのためどちらも水仕事や水上スポーツをする時に使用できるといった点で秀でているといえなくもありません。プールで装着するようなときに「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」もオススメです。

「Amazfit GTS 4」と「Fitbit Versa 4」の搭載センサーの比較評価について

加速度センサー機能について

加速度センサーは装着している人の速度の変化を計測できる点で加速度センサーを搭載しているスマートウォッチは優れていると言えそうです。移動速度を測定する場合にお勧めです。

「Fitbit Versa 4」も「Amazfit GTS 4」も加速度センサーを搭載しているスマートウォッチです。そのため「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も手ぶれを抑制できる点でよいです。どちらもランニングしている時のペースを測定するのに適しています。

高度計測機能について

高度を測定できるスマートウォッチは登山をするときに、山の上の高度を測る事ができるので優れてます。特に山を登った際の標高を把握したいようなときに適していると思います。

「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も高度を測定できるスマートウォッチです。登山などで高度を確認できるという点で「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も秀でているかもしれません。普段行かない場所で活動での使用や、活動する上での今ここまで来たというようなモチベーションを維持をしたいときに「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も適しています。

GPS機能について

現在地を確認できるので、GPSを搭載しているスマートウォッチは優秀と言えるでしょう。例えば現在地を把握する時、おすすめです。

「Fitbit Versa 4」も「Amazfit GTS 4」もGPSを搭載しているスマートウォッチです。そのため自分の現在位置を正確に確認することができる点でどちらも優れているといえるかもしれません。位置情報を確認する場合「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も適していると言えそうです。

光センサー機能について

光センサーを搭載しているスマートウォッチは非接触での画面切り替えができるといった点で優れてます。とくに暗闇での活動時や、夜間に外出をする用事がある場合、真っ暗で周囲の環境が見渡せない時に起こりやすい災害や犯罪を避けるための防犯用に利用するような場合お勧めだと思います。

「Fitbit Versa 4」も「Amazfit GTS 4」も光センサーを搭載しているスマートウォッチです。画面の明るさやアプリのモードを切り替えたりできる為どちらもよいでしょう。どちらも周囲の明るさによりモニターの明るさを自動調整したい時に向いているといえるかもしれません。

「Amazfit GTS 4」と「Fitbit Versa 4」の画面について

画面サイズについて

画面サイズが大きいスマートウォッチは見やすいので高齢者でも使用できる点で優れてます。画面が見やすく情報を正確に把握する場合におすすめです。

「Fitbit Versa 4」と「Amazfit GTS 4」を画面サイズについて比べると「Amazfit GTS 4」は1.75インチであり「Fitbit Versa 4」は1.58インチです。ほぼ違いはないです。体感上の違いは無いと思われます。

画面サイズ評価
Amazfit GTS 4
1.75インチ99/100
Fitbit Versa 4
1.58インチ98/100

タッチパネルについて

操作が簡単にできるため、画面にタッチパネルを採用しているスマートウォッチは優秀な部類に入るといえなくもありません。タッチして操作したいときに適しています。

「Fitbit Versa 4」も「Amazfit GTS 4」も画面にタッチパネルを採用しているスマートウォッチです。そのため「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も指でタッチするだけで簡単に操作できる点において秀でているかもしれません。「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」もボタン以外で操作するような場合に適していると言えそうです。

便利機能に関する徹底比較

心拍数計測機能について

心拍数を計測できるスマートウォッチは心拍数を測定できるため優秀な部類に入るといえなくもないでしょう。スポーツやトレーニングをしたいなら向いているといえるかもしれません。

「Fitbit Versa 4」も「Amazfit GTS 4」も心拍数を計測できるスマートウォッチです。そのためどちらも運動時の心拍数を記録できる点で優れた部類に入るといえなくもないでしょう。心拍数を確認したいときに「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」もおすすめだと思います。

消費カロリー計測機能について

消費カロリーを計測できるスマートウォッチは日々の健康管理のためやスポーツや減量調整などで消費カロリーを把握できるので優れていると言えるでしょう。特に消費カロリーを把握して健康を維持改善する時にオススメと言えるでしょう。

「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も消費カロリーを計測できるスマートウォッチです。そのため「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も自分の消費カロリーを調整できるといった点で良いといえるかもしれません。どちらも1日の運動量や消費カロリーをチェックしたいような場合にオススメです。

移動距離計測機能について

ランニング時に自分がどの程度の距離を走ったか把握できるので、移動距離を計測できるスマートウォッチは優れていそうです。ランニングやウォーキングなどでどれくらい移動したかを確認する場合に向いています。

「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も移動距離を計測できるスマートウォッチです。ランニングやサイクリングでの走行距離を把握できるため「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も優れていると言えるでしょう。どちらも1日に移動した分の距離のトータルや部分的な距離などを確認したいならお勧めといえそうです。

歩数計測機能について

歩数を計測できるスマートウォッチは毎日のウォーキングのデータを保存し、モチベーションアップできるため、優れているといえるかもしれません。ウォーキングやランニング等で自分にあった適正で効率的なトレーニングをしたい人が使用したいような時におすすめだと思います。

「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も歩数を計測できるスマートウォッチです。運動不足を実感し、健康管理をしようとしている人にとって簡単に歩数を計測できる為「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も優れていそうです。ランニング(ジョギングを含む)、ウォーキングにおいて健康管理のための歩数の把握をしたいときにどちらもおすすめだと思います。

睡眠状態計測機能について

睡眠状態を把握し健康管理できるという点で睡眠の状態を計測できるスマートウォッチはよいといえなくもありません。たとえば睡眠の状態を把握したいようなときにおすすめと言えるでしょう。

「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も睡眠の状態を計測できるスマートウォッチです。就寝時間や起床時間、睡眠の深さなどを測定できる為「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も優れた部類に入るかもしれません。寝ている間の睡眠の質について確認するようなときどちらも適していると言えるでしょう。

着信通知機能について

スマホへの着信通知を手軽に知ることができるので、着信通知を確認できるスマートウォッチは優れているといえそうです。電話の着信を確認するのにオススメです。

「Fitbit Versa 4」も「Amazfit GTS 4」も着信通知を確認できるスマートウォッチです。そのためどちらも電話の着信を確認できるという点でよいです。「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」もスマートウォッチだけでスマホの着信通知を受信したいならお勧めだと思います。

音声操作対応について

電話をかけてきた相手を手首の上で確認して応答できる為、声での操作に対応しているスマートウォッチは優れていると言えるでしょう。両手が塞がっている状況で使用するのに適していると言えるでしょう。

「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も声での操作に対応しているスマートウォッチです。そのため両手がふさがっていても操作することができるといった点で「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も優秀です。「Amazfit GTS 4」も「Fitbit Versa 4」も両手で常に作業している人が使用するような時にお勧めと言えそうです。

「Amazfit GTS 4」と「Fitbit Versa 4」を表で情報一覧をくらべる

Amazfit GTS 4Fitbit Versa 4
画像Amazfit GTS 4Fitbit Versa 4
本体重量27g -
インフィニットブラック/ミスティホワイト/ローズバッドピンクブラック/グラファイトアルミニウム/ウォーターフォールブルー/プラチナアルミニウム/ピンクサンド/カッパーローズアルミニウム/ビートジュース/カッパーローズアルミニウム
画面サイズ1.75インチ1.58インチ
画面解像度450×390 -
画素密度340ppi -
強化ガラスの使用 -
タッチパネル
画面コーティング強化ガラス -
画面の表示方式AMOLED -
最大記録可能日数約8日 -
バッテリー容量300mAh -
耐水深度50m50m
防水対応
NFC対応 -
電子マネー対応 -
対応Bluetooth55
耐水性能50m防水/IPX8相当50m防水/IPX8相当
心拍数計測機能
消費カロリー計測機能
移動距離計測機能
歩数計測機能
睡眠状態計測機能
着信通知機能
音声操作対応
加速度センサー機能
ジャイロセンサー機能 -
方位計測機能 -
気圧計測機能 -
高度計測機能
GPS機能
光センサー機能
水泳対応
ランニング対応
サイクリング対応
ヨガ対応 -
フィットネス機器対応 -
クライミング対応 -

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。