HUAWEI Band 8 と スカーゲン HOLST SKT1305 のスペックを比較

作成日時: 2023-04-26 16:53:32

HUAWEI Band 8スカーゲン HOLST SKT1305
HUAWEI Band 8スカーゲン HOLST SKT1305

「スカーゲン HOLST SKT1305」と「HUAWEI Band 8」はどの程度評価の違いがあるのでしょうか。よく見られる観点ごとに点数で評価。どっちのスマートウォッチを選んだらいいのか悩んでいる人におススメです!

HUAWEI Band 8スカーゲン HOLST SKT1305
HUAWEI Band 8スカーゲン HOLST SKT1305
HUAWEI Band 8スカーゲン HOLST SKT1305
総合評価:
本体重量rating-image4.9
14g
rating-image1
95g
耐水深度rating-image2.3
50m
rating-image1
30m

より詳細に比較

「スカーゲン HOLST SKT1305」より「HUAWEI Band 8」を選ぶべき14つの理由

  • 非常に軽い本体重量
    98点(24位) vs 4.2点(875位)
  • 上位レベルに位置づけられるほど深い耐水深度
    46点(511位) vs 12.3点(865位)
  • ベルト素材にTPUを採用している
  • 画面にタッチパネルを採用している
  • 心拍数を計測できる
  • 消費カロリーを計測できる
  • 移動距離を計測できる
  • 歩数を計測できる
  • 着信通知を確認できる
  • ジャイロセンサーを搭載している
  • 方位を計測できる
  • 水泳に対応している
  • ランニングに対応している
  • サイクリングに対応している

「HUAWEI Band 8」より「スカーゲン HOLST SKT1305」を選ぶべき1つの理由

  • ボタン電池に対応している

特色や特性について「HUAWEI Band 8」と「スカーゲン HOLST SKT1305」を徹底的に比較してみた

「HUAWEI Band 8」と「スカーゲン HOLST SKT1305」のデザインについて

本体重量について

軽量なため装着しても負担にならず使用できるといった点で軽い本体重量のスマートウォッチは秀でていると言えそうです。日常の邪魔になることなくストレスフリーで使用するならおすすめです。

本体重量について比較すると「HUAWEI Band 8」は14gであり「スカーゲン HOLST SKT1305」は95gです。「HUAWEI Band 8」と「スカーゲン HOLST SKT1305」は非常に違いがあります。「HUAWEI Band 8」は「スカーゲン HOLST SKT1305」に比べてかなり重量が軽いです。「HUAWEI Band 8」は女性や子供でも体に負荷なく快適に使用できるという点で「スカーゲン HOLST SKT1305」よりもすごく優れた部類に入ると思います。「HUAWEI Band 8」は「スカーゲン HOLST SKT1305」より装着に対する負担を軽減する場合に向いているといえそうです。

実際に利用する上で「HUAWEI Band 8」は「スカーゲン HOLST SKT1305」より遥かに優れています。「HUAWEI Band 8」に決める上で主な理由の一つになります。

本体重量評価
HUAWEI Band 8
14g97/100
スカーゲン HOLST SKT1305
95g4/100

搭載センサーに関する詳細比較について

加速度センサー機能について

移動速度を測定できる為、加速度センサーを搭載しているスマートウォッチは優れた部類に入るかもしれません。ランニングをしているときのペースを算出したいならおすすめです。

「スカーゲン HOLST SKT1305」も「HUAWEI Band 8」も加速度センサーを搭載しているスマートウォッチです。そのため「HUAWEI Band 8」も「スカーゲン HOLST SKT1305」も手ぶれを抑制できる点でよいです。移動速度を把握する時にどちらもお勧めです。

便利機能に関する徹底比較

睡眠状態計測機能について

睡眠の状態を計測できるスマートウォッチは眠りの浅い状態の「レム睡眠」とぐっすり寝ている状態の「ノンレム睡眠」のサイクルを把握すれば、適切な起床時間をチェックできるという点で優れていそうです。たとえば睡眠の状態を把握したいようなときにおすすめと言えるでしょう。

「HUAWEI Band 8」も「スカーゲン HOLST SKT1305」も睡眠の状態を計測できるスマートウォッチです。そのため睡眠の質の改善につなげることができる点でどちらも秀でた部類に入るといえるかもしれません。眠りの浅い状態の「レム睡眠」とぐっすり寝ている状態の「ノンレム睡眠」のサイクルを把握すれば、適切な起床時間をチェックしたいような時に「HUAWEI Band 8」も「スカーゲン HOLST SKT1305」もお勧めといえそうです。

メール通知機能について

手元にスマホがないときでも通知を確認できるといった点でメール通知を確認できるスマートウォッチは優秀といえるかもしれません。とくに重要なメールを見逃す事を防止したい時に適しているといえそうです。

「HUAWEI Band 8」も「スカーゲン HOLST SKT1305」もメール通知を確認できるスマートウォッチです。スマホを使わずにスマホでめ-つ着信の有無を知ることができるといった点でどちらも優秀な部類に入るといえなくもありません。「HUAWEI Band 8」も「スカーゲン HOLST SKT1305」もスマートフォンなどと連携してメール受信状態を把握するようなときにお勧めと言えるでしょう。

機能について

耐水深度について

耐水深度が深いスマートウォッチはより深く装着したまま水に潜ることができるといった点で良いといえそうです。水深が深い場所で使用するのにおすすめだと思います。

「スカーゲン HOLST SKT1305」と「HUAWEI Band 8」を耐水深度について比較すると「HUAWEI Band 8」は50mに対して「スカーゲン HOLST SKT1305」は30mです。20mの大きい違いがあります。「HUAWEI Band 8」の深度の方が「スカーゲン HOLST SKT1305」よりもとても深いです。「HUAWEI Band 8」は装置してスキューバダイビング等ができるという点で「スカーゲン HOLST SKT1305」よりも大変優秀です。水による故障の心配が少ないので、水仕事などを多く行う人が使用するようなときに「HUAWEI Band 8」は「スカーゲン HOLST SKT1305」よりとてもオススメです。

実際の利用を想定したとき「HUAWEI Band 8」と「スカーゲン HOLST SKT1305」は体感値として遥かに大きい差があります。「HUAWEI Band 8」に決める主な理由の一つになるでしょう。

耐水深度評価
HUAWEI Band 8
50m45/100
スカーゲン HOLST SKT1305
30m12/100

防水対応について

入浴や水泳時にも装着して使用できるため、防水に対応しているスマートウォッチは優秀といえそうです。特に川や海、キャンプなど、水が掛かるような場所で使用するような時に向いています。

「スカーゲン HOLST SKT1305」も「HUAWEI Band 8」も防水に対応しているスマートウォッチです。そのためどちらも水仕事や水上スポーツをする時に使用できるといった点で秀でているといえなくもありません。水泳や野外の雨天時など水がかかる場所で使用するのに「HUAWEI Band 8」も「スカーゲン HOLST SKT1305」もお勧めといえるかもしれません。

「HUAWEI Band 8」と「スカーゲン HOLST SKT1305」を表で情報一覧をくらべる

HUAWEI Band 8スカーゲン HOLST SKT1305
画像HUAWEI Band 8スカーゲン HOLST SKT1305
本体重量14g95g
TPUベルト -
ミッドナイトブラック/サクラピンク/エメラルドグリーンチタン&ダークグレー
画面サイズ1.47インチ -
画面解像度368×194 -
画素密度282ppi -
タッチパネル -
画面の表示方式AMOLED -
ボタン電池対応 -
耐水深度50m30m
防水対応
対応Bluetooth54.2
耐水性能50m防水/IPX8相当30m防水/IPX8相当
心拍数計測機能 -
消費カロリー計測機能 -
移動距離計測機能 -
歩数計測機能 -
睡眠状態計測機能
着信通知機能 -
メール通知機能
加速度センサー機能
ジャイロセンサー機能 -
方位計測機能 -
水泳対応 -
ランニング対応 -
サイクリング対応 -

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。