HUAWEI Band 8 と Amazfit Band 7 を比較

作成日時: 2023-04-26 16:12:34

HUAWEI Band 8Amazfit Band 7
HUAWEI Band 8Amazfit Band 7

「Amazfit Band 7」と「HUAWEI Band 8」はどういう点で違いや差があるかを検証/評価してみました。どういう面で違いや差があるのでしょうか。みんなの注目度から詳細な部分の情報まで詳しく比較してみました。

HUAWEI Band 8Amazfit Band 7
HUAWEI Band 8Amazfit Band 7
HUAWEI Band 8Amazfit Band 7
総合評価:
本体サイズrating-image2.5
rating-image1.2
本体重量rating-image4.9
14g
rating-image3.9
28g
画面サイズrating-image4.9
1.47インチ
rating-image4.9
1.47インチ
画面解像度rating-image2.6
368×194
rating-image2.6
368×198
画素密度rating-image2.6
282ppi
rating-image2.6
284ppi
耐水深度rating-image2.3
50m
rating-image2.3
50m

価格を見る

価格を見る

より詳細に比較

「Amazfit Band 7」より「HUAWEI Band 8」を選ぶべき5つの理由

  • 非常に軽い本体重量
    98点(24位) vs 77.6点(169位)
  • 本体サイズはもの凄く小さい
    50.7点(136位) vs 23.2点(324位)
  • メール通知を確認できる
  • ジャイロセンサーを搭載している
  • 水泳に対応している

「HUAWEI Band 8」より「Amazfit Band 7」を選ぶべき2つの理由

  • 強化ガラスを使っている
  • ヨガに対応している

特徴・特性を「HUAWEI Band 8」と「Amazfit Band 7」を徹底的に比較評価してみた

機能についての「HUAWEI Band 8」と「Amazfit Band 7」の詳細比較

耐水深度について

耐水深度が深いスマートウォッチはより深く装着したまま水に潜ることができるといった点で良いといえそうです。水泳やダイビング時に着用したいような場合におすすめと言えるでしょう。

耐水深度を「Amazfit Band 7」と「HUAWEI Band 8」を比較すると「Amazfit Band 7」は50mで「HUAWEI Band 8」は50mです。「HUAWEI Band 8」と「Amazfit Band 7」は同じくらいです。体感的な差は無いと思います。

別の観点で選んだ方がよいでしょう。

耐水深度評価
HUAWEI Band 8
50m45/100
Amazfit Band 7
50m45/100

防水対応について

水に濡れる環境でも使用できる点において防水に対応しているスマートウォッチは良いと思います。たとえば屋外や水場付近などで使用したいような時にオススメだと思います。

「Amazfit Band 7」も「HUAWEI Band 8」も防水に対応しているスマートウォッチです。そのため水濡れによる故障のリスクを回避できるという点で「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」も秀でているといえなくもないでしょう。どちらも海で過ごす人が使用するのにおすすめだと思います。

「HUAWEI Band 8」と「Amazfit Band 7」の用途を詳しく比較評価する

画面についての「HUAWEI Band 8」と「Amazfit Band 7」の評価詳細

画面サイズについて

大きい画面サイズのスマートウォッチは細かい表示を読み取ることができるという点で優れた部類に入るでしょう。画面が見やすく情報を正確に把握する場合におすすめです。

「HUAWEI Band 8」と「Amazfit Band 7」を画面サイズについて比べると「Amazfit Band 7」は1.47インチであり「HUAWEI Band 8」は1.47インチです。「Amazfit Band 7」と「HUAWEI Band 8」はほとんど同程度です。体感上の違いは無いと思われます。

ほかの角度を見て選ぶほうがいいでしょう。

画面サイズ評価
HUAWEI Band 8
1.47インチ97/100
Amazfit Band 7
1.47インチ97/100

画面解像度について

より良い画質を閲覧できるため、高い画面解像度のスマートウォッチは優れています。例えばパッとひと目見て数値が確認しやすいするときに適していると言えそうです。

「Amazfit Band 7」と「HUAWEI Band 8」の画面解像度を比較すると「Amazfit Band 7」は368×198であり「HUAWEI Band 8」は368×194です。ほとんど違いは無いです。体感的な差はゼロかと思います。

画面解像度評価
HUAWEI Band 8
368×19451/100
Amazfit Band 7
368×19852/100

画素密度について

高い画素密度のスマートウォッチはきめ細やかで鮮明な液晶を実現できる点で優れています。とくに密度の高い画像を実現する場合にお勧めだと思います。

「HUAWEI Band 8」と「Amazfit Band 7」の画素密度について比べると「HUAWEI Band 8」は282ppiであり「Amazfit Band 7」は284ppiです。「HUAWEI Band 8」と「Amazfit Band 7」はほぼ同一です。体感的な違いは無いと思います。

他の角度を見て決めたほうが良さそうです。

画素密度評価
HUAWEI Band 8
282ppi52/100
Amazfit Band 7
284ppi52/100

タッチパネルについて

操作が簡単にできるため、画面にタッチパネルを採用しているスマートウォッチは優秀な部類に入るといえなくもありません。タッチして操作したいときに適しています。

「Amazfit Band 7」も「HUAWEI Band 8」も画面にタッチパネルを採用しているスマートウォッチです。そのためタッチすれば操作することができる点においてどちらもよいと思います。「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」もスマホ感覚で直感的に操作をするような時にお勧めだと思います。

デザインについて

本体サイズについて

コンパクトに収納できる点において本体サイズが小さいスマートウォッチは優秀といえるかもしれません。装着感をなくしてコンパクトに装着して利用したいときに適しています。

本体サイズについて「HUAWEI Band 8」と「Amazfit Band 7」を比較すると「Amazfit Band 7」は13.1815で「HUAWEI Band 8」は9.72404です。「Amazfit Band 7」と比較して「HUAWEI Band 8」はかなりサイズが小さいです。「HUAWEI Band 8」は運動の邪魔になる事なく利用できる点で「Amazfit Band 7」よりも優秀と言えそうです。「HUAWEI Band 8」は「Amazfit Band 7」より女性や子供などが使用する場合にかなりオススメといえるかもしれません。

実際に使う場面において「Amazfit Band 7」より「HUAWEI Band 8」の方が非常に優れているでしょう。「HUAWEI Band 8」を選ぶための主な理由の一つとなると思います。

本体重量について

軽量なため装着しても負担にならず使用できるといった点で軽い本体重量のスマートウォッチは秀でていると言えそうです。日常の邪魔になることなくストレスフリーで使用するならおすすめです。

本体重量を「HUAWEI Band 8」と「Amazfit Band 7」を比較すると「HUAWEI Band 8」は14gで「Amazfit Band 7」は28gです。「HUAWEI Band 8」の方が「Amazfit Band 7」よりも非常に軽い重量です。「HUAWEI Band 8」は女性や子供でも体に負荷なく快適に使用できるという点で「Amazfit Band 7」よりもすごく優れた部類に入ると思います。重量を苦にせずラクラク装着する場合に「HUAWEI Band 8」は「Amazfit Band 7」よりかなり向いています。

実際の利用を想定したとき「HUAWEI Band 8」と「Amazfit Band 7」の体感上の差は遥かに大きいです。「HUAWEI Band 8」に決める上で主な理由の一つになります。

本体重量評価
HUAWEI Band 8
14g97/100
Amazfit Band 7
28g77/100

TPUベルトについて

肌に優しく長時間装着できる点においてベルト素材にTPUを採用しているスマートウォッチは秀でてます。とくに防水性と耐久性があり長期間使用するような時におすすめだと思います。

「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」もベルト素材にTPUを採用しているスマートウォッチです。汚れを洗う事ができる点において「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」も優れていると言えそうです。弾力性がある柔らかい素材を好む人が使用するような場合に「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」もオススメと言えそうです。

便利機能に関する徹底比較

心拍数計測機能について

心拍数を計測し、健康管理やトレーニングできるので、心拍数を計測できるスマートウォッチは優れた部類に入ると思います。高齢者などの健康状態を把握する時お勧めと言えるかもしれません。

「Amazfit Band 7」も「HUAWEI Band 8」も心拍数を計測できるスマートウォッチです。現在の心拍数を計測できる為「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」も秀でた部類に入るといえなくもないでしょう。心拍数を確認したいときに「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」もおすすめだと思います。

消費カロリー計測機能について

消費カロリーを計測できるスマートウォッチは日々の健康管理のためやスポーツや減量調整などで消費カロリーを把握できるので優れていると言えるでしょう。減量や健康管理で日々の消費カロリーを把握するとき向いていると思います。

「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」も消費カロリーを計測できるスマートウォッチです。そのため「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」も自分の消費カロリーを調整できるといった点で良いといえるかもしれません。「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」も自分自身の消費カロリーを知り健康を維持したいならお勧めだと思います。

移動距離計測機能について

ランニング時に自分がどの程度の距離を走ったか把握できるので、移動距離を計測できるスマートウォッチは優れていそうです。ランニングやウォーキングなどでどれくらい移動したかを確認する場合に向いています。

「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」も移動距離を計測できるスマートウォッチです。任意の場所の間の距離を知る事ができる点で「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」も優れた部類に入るといえなくもありません。どちらも行動範囲を確認し、バイタルチェックしたいような場合にお勧めだと思います。

歩数計測機能について

歩数を計測できるスマートウォッチは毎日のウォーキングのデータを保存し、モチベーションアップできるため、優れているといえるかもしれません。とくに毎日一万歩歩くことを目標にしている人が、歩数を確認する時におすすめと思います。

「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」も歩数を計測できるスマートウォッチです。万歩計を使用すること無く日々の記録ができる為「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」も優秀と言えるかもしれません。どちらも歩いた歩数を計測するならおすすめだと思います。

睡眠状態計測機能について

睡眠の状態を計測できるスマートウォッチは眠りの浅い状態の「レム睡眠」とぐっすり寝ている状態の「ノンレム睡眠」のサイクルを把握すれば、適切な起床時間をチェックできるという点で優れていそうです。たとえば睡眠の質を分析するようなときに向いています。

「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」も睡眠の状態を計測できるスマートウォッチです。就寝時間や起床時間、睡眠の深さなどを測定できる為「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」も優れた部類に入るかもしれません。毎日の睡眠の質を知ることができ、生活や睡眠リズムを把握するような時に「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」もお勧めと言えるでしょう。

着信通知機能について

スマートフォンなどと連携して着信状態を把握できるので、着信通知を確認できるスマートウォッチは優秀な部類に入るでしょう。電話の着信を確認するのにオススメです。

「Amazfit Band 7」も「HUAWEI Band 8」も着信通知を確認できるスマートウォッチです。そのためどちらも電話の着信を確認できるという点でよいです。「HUAWEI Band 8」も「Amazfit Band 7」もスマートウォッチだけでスマホの着信通知を受信したいならお勧めだと思います。

「HUAWEI Band 8」と「Amazfit Band 7」の搭載センサーの比較評価について

加速度センサー機能について

移動速度を測定できる為、加速度センサーを搭載しているスマートウォッチは優れた部類に入るかもしれません。移動速度を測定する場合にお勧めです。

「Amazfit Band 7」も「HUAWEI Band 8」も加速度センサーを搭載しているスマートウォッチです。そのためどちらもランニングのルートとタイムを保存することができる点において秀でていると言えそうです。どちらも装着している人の速度の変化を計測するならお勧めだと思います。

方位計測機能について

方位を計測できるスマートウォッチはハイキングにおいて方角を確認できるため優秀といえそうです。自身の向いている方向を確認したいならオススメだと思います。

「Amazfit Band 7」も「HUAWEI Band 8」も方位を計測できるスマートウォッチです。そのためGPSでランニングなどもかなり正確に計測できるという点でどちらも優秀な部類に入るかと思います。どちらも出掛けて先で方角を確認する時におすすめです。

「HUAWEI Band 8」と「Amazfit Band 7」の詳細情報

HUAWEI Band 8Amazfit Band 7
画像HUAWEI Band 8Amazfit Band 7
本体重量14g28g
TPUベルト
ミッドナイトブラック/サクラピンク/エメラルドグリーンブラック/ベージュ
画面サイズ1.47インチ1.47インチ
画面解像度368×194368×198
画素密度282ppi284ppi
強化ガラスの使用 -
タッチパネル
画面コーティング - 強化ガラス
画面の表示方式AMOLEDAMOLED
最大記録可能日数 - 約18日
バッテリー容量 - 232mAh
耐水深度50m50m
防水対応
対応Bluetooth55.2
耐水性能50m防水/IPX8相当50m防水/IPX8相当
心拍数計測機能
消費カロリー計測機能
移動距離計測機能
歩数計測機能
睡眠状態計測機能
着信通知機能
メール通知機能 -
加速度センサー機能
ジャイロセンサー機能 -
方位計測機能
水泳対応 -
ランニング対応
サイクリング対応
ヨガ対応 -

類似のスマートウォッチを探す

他のスマートウォッチと比較する

価格をチェック

類似のスマートウォッチを探す

他のスマートウォッチと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。