HUAWEI S-TAG と HUAWEI Band 7 を比較

作成日時: 2023-05-25 20:21:30

HUAWEI S-TAGHUAWEI Band 7
HUAWEI S-TAGHUAWEI Band 7

「HUAWEI Band 7」と「HUAWEI S-TAG」についてどっちの評価が優れているかを評価。点数評価してみました。どちらのスマートウォッチにした方がいいのか考えているひと必見です

HUAWEI S-TAGHUAWEI Band 7
HUAWEI S-TAGHUAWEI Band 7
HUAWEI S-TAGHUAWEI Band 7
総合評価:
本体重量rating-image4.9
7.5g
rating-image4.9
16g

より詳細に比較

「HUAWEI Band 7」より「HUAWEI S-TAG」を選ぶべき1つの理由

  • 方位を計測できる

「HUAWEI S-TAG」より「HUAWEI Band 7」を選ぶべき12つの理由

  • ベルト素材にシリコンを採用している
  • 画面にタッチパネルを採用している
  • 心拍数を計測できる
  • 消費カロリーを計測できる
  • 移動距離を計測できる
  • 歩数を計測できる
  • 睡眠の状態を計測できる
  • 着信通知を確認できる
  • メール通知を確認できる
  • 水泳に対応している
  • ヨガに対応している

特色や特性について「HUAWEI S-TAG」と「HUAWEI Band 7」を徹底的に比較してみた

機能についての「HUAWEI S-TAG」と「HUAWEI Band 7」の比較評価

耐水深度について

深い水の中でも安心して利用できるので、深い耐水深度のスマートウォッチは優秀な部類に入ると思います。水泳やダイビング時に着用したいような場合におすすめと言えるでしょう。

「HUAWEI Band 7」と「HUAWEI S-TAG」の耐水深度について比べると「HUAWEI S-TAG」は80cmであるのに対して「HUAWEI Band 7」は50mです。「HUAWEI Band 7」は「HUAWEI S-TAG」より非常に深い深度です。ダイビングなどで海の深いところまで潜ることができるので「HUAWEI Band 7」の方が極めて優秀と言えそうです。「HUAWEI Band 7」は「HUAWEI S-TAG」よりダイビングなどのマリンスポーツで使用するような場合にとてもお勧めです。

実際の利用において「HUAWEI Band 7」と「HUAWEI S-TAG」の実用上の差はとても大きいです。「HUAWEI Band 7」にする上で重要な理由の一つになるでしょう。

耐水深度評価
HUAWEI S-TAG
80cm0/100
HUAWEI Band 7
50m45/100

防水対応について

水に濡れる環境でも使用できる点において防水に対応しているスマートウォッチは良いと思います。とくに水濡れによる故障のリスクを回避するようなときにお勧めといえそうです。

「HUAWEI Band 7」も「HUAWEI S-TAG」も防水に対応しているスマートウォッチです。そのため水濡れによる故障のリスクを回避できるという点で「HUAWEI S-TAG」も「HUAWEI Band 7」も秀でているといえなくもないでしょう。水泳や野外の雨天時など水がかかる場所で使用するのに「HUAWEI S-TAG」も「HUAWEI Band 7」もお勧めといえるかもしれません。

「HUAWEI S-TAG」と「HUAWEI Band 7」の搭載センサーについて

加速度センサー機能について

加速度センサーを搭載しているスマートウォッチはどの方向にどれくらいの速度で移動しているのか速度変化を把握できる為優秀といえそうです。単位時間当たりの速度を測定したいような場合に適しています。

「HUAWEI Band 7」も「HUAWEI S-TAG」も加速度センサーを搭載しているスマートウォッチです。そのため「HUAWEI S-TAG」も「HUAWEI Band 7」も手ぶれを抑制できる点でよいです。どちらもランニングしている時のペースを測定するのに適しています。

ジャイロセンサー機能について

ジャイロセンサーを搭載しているスマートウォッチはカメラで写真撮影をするときに手ブレを防止できる為、優秀な部類に入ると思います。とくに本体の位置を確実に把握するような時、オススメだと思います。

「HUAWEI Band 7」も「HUAWEI S-TAG」もジャイロセンサーを搭載しているスマートウォッチです。そのため動きを検出し、それに合わせた動作ができるといった点でどちらも秀でているといえなくもないでしょう。装着している人の速度の変化を計測するようなときにどちらもお勧めだと思います。

デザインについて

本体重量について

軽量なため装着しても負担にならず使用できるといった点で軽い本体重量のスマートウォッチは秀でていると言えそうです。着けていて苦にならないので、スポーツをする人が使用する時に適しています。

本体重量について「HUAWEI Band 7」と「HUAWEI S-TAG」を比較すると「HUAWEI S-TAG」は7.5gで「HUAWEI Band 7」は16gです。「HUAWEI S-TAG」も「HUAWEI Band 7」もほぼ同一です。感覚的にわかるほどの違いはゼロと思います。

本体重量評価
HUAWEI S-TAG
7.5g98/100
HUAWEI Band 7
16g97/100

「HUAWEI S-TAG」と「HUAWEI Band 7」の用途を詳しく比較評価する

ランニング対応について

「HUAWEI S-TAG」も「HUAWEI Band 7」もランニングに対応しているスマートウォッチです。

サイクリング対応について

「HUAWEI Band 7」も「HUAWEI S-TAG」もサイクリングに対応しているスマートウォッチです。

表で「HUAWEI S-TAG」と「HUAWEI Band 7」に関する情報概要を比較する

HUAWEI S-TAGHUAWEI Band 7
画像HUAWEI S-TAGHUAWEI Band 7
本体重量7.5g16g
シリコンベルト -
シルバーフロストグラファイトブラック/ウィルダネスグリーン/フレイムレッド/ネビュラピンク
画面サイズ - 1.47インチ
画面解像度 - 368×194
画素密度 - 282ppi
タッチパネル -
画面の表示方式 - AMOLED
最大記録可能日数 - 約14日
バッテリー容量 - 180mAh
耐水深度80cm50m
防水対応
対応Bluetooth55
耐水性能IPX850m防水/IPX8相当
防塵規格IP6X -
心拍数計測機能 -
消費カロリー計測機能 -
移動距離計測機能 -
歩数計測機能 -
睡眠状態計測機能 -
着信通知機能 -
メール通知機能 -
加速度センサー機能
ジャイロセンサー機能
方位計測機能 -
水泳対応 -
ランニング対応
サイクリング対応
ヨガ対応 -

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。