HUAWEI Band 7 のメリットとデメリットを徹底解説

作成日時: 2022-05-25 14:24:44

 HUAWEI Band 7 を徹底評価

HUAWEI Band 7は、重さ16gの軽量化に成功し、シリコンベルトも採用されているため、長時間の装着でもストレスを感じさせない快適なデザインです。また、1.47インチの画面サイズと282ppiの高画素密度により、見やすく、文字や画像も鮮明で見逃すことがありません。加えて、タッチパネル採用により、スムーズな操作を実現しています。最大記録可能日数も約14日と長時間の使用が可能で、こまめな充電の必要もありません。バッテリー容量は180mAhで、長時間の使用にも対応しています。

HUAWEI Band 7は、耐水深度が50メートルあり、水泳などの水中利用も可能です。また、防水対応もされており、突然の雨でも安心です。心拍数計測機能、消費カロリー計測機能、移動距離計測機能、歩数計測機能、睡眠状態計測機能があり、健康に関する様々な情報を取得できます。また、着信通知機能やメール通知機能も備えており、スマートフォンとの接続もスムーズです。

さらに、加速度センサー機能やジャイロセンサー機能により、ランニングやサイクリング、ヨガなど様々なスポーツに対応し、様々なデータを取得することができます。これらの機能は、健康管理だけでなく、スポーツのトレーニングにも役立ちます。

全体的に、HUAWEI Band 7は、軽量で操作もスムーズで、多彩な機能が揃っているため、スポーツや健康管理に役立ちます。

HUAWEI Band 7 のメリット

  • 並外れて軽い本体重量
  • 並外れて大きい画面サイズ

HUAWEI Band 7 のデメリット

    -

HUAWEI Band 7 の特徴

  • ベルト素材にシリコンを採用している
  • 画面にタッチパネルを採用している
  • 防水に対応している
  • 心拍数を計測できる
  • 消費カロリーを計測できる
  • 移動距離を計測できる
  • 歩数を計測できる
  • 睡眠の状態を計測できる
  • 着信通知を確認できる
  • メール通知を確認できる
  • 加速度センサーを搭載している
  • ジャイロセンサーを搭載している
  • 水泳に対応している
  • ランニングに対応している
  • サイクリングに対応している
  • ヨガに対応している

HUAWEI Band 7 の特性や特色について詳細に評価する

HUAWEI Band 7 の画面を評価してみた

画面サイズについて

画面サイズが大きいスマートウォッチは多くの情報を取得しながら利用できる点で優れているでしょう。とくに大きな画面で確認したいような場合に向いています。

画面サイズについて「HUAWEI Band 7」は1.47インチです。これはトップレベルに位置づけられるほど大きいと言える画面サイズです。大画面で画像や動画などを視聴できるのでこの商品は極めて秀でていそうです。文字が見易く快適に操作したい人が使用するようなときに「HUAWEI Band 7」はとても適しています。

実際のところ画面サイズという観点についての使用感はもの凄く優秀と言えるかもしれません。従ってこのスマートウォッチに決める大きな判断材料の一つとなるでしょう。画面サイズという観点でこれ以上大きいスマートウォッチでもほとんど「HUAWEI Band 7」との差を体感出来ないと思います。

画面サイズ評価
HUAWEI Band 71.47インチ97/100

画面解像度について

高い画面解像度のスマートウォッチは小さな文字を読む事ができる点においてよいと言えるかもしれません。精細かつ視認性の高い表示を実現するような時におすすめです。

「HUAWEI Band 7」の画面解像度は368×194です。これは平均的なスマートウォッチと比べるとほぼ同じくらいと言えるでしょう。より綺麗な画像でわかりやすく操作する場合、通常の場合であれば「HUAWEI Band 7」でおそらく十分でしょう。

通常利用であればあまり問題になりにくいものの、このスマートウォッチが特別という程ではないでしょう。

画面解像度評価
HUAWEI Band 7368×19451/100

画素密度について

精細かつ視認性の高い表示を実現できる為、高い画素密度のスマートウォッチは優れているかもしれません。とくに細かな文字も見えやすくなるので、スマートウォッチで文字を読む機会が多い人が使用するような場合にお勧めだと思います。

「HUAWEI Band 7」の画素密度は282ppiです。普通のモノと比べるとこのスマートウォッチの画素密度はほぼ同程度だと言えるでしょう。画像などを綺麗に表示したい場合について通常のケースであれば「HUAWEI Band 7」でもおそらく十分と思います。

実際のところ画素密度における使用感はまあまあな感じです。少しでもストレスを感じずに使いたい人には不満を感じる可能性があり、もう一つ上のスマートウォッチを考えた方が良さそうです。

画素密度評価
HUAWEI Band 7282ppi52/100

タッチパネルについて

ディスプレイ上の操作対象と入力対象が一致することから、直感的に操作できる点において画面にタッチパネルを採用しているスマートウォッチは優秀な部類に入ると言えるでしょう。とくに操作が簡単に利用するような時にお勧めと言えるかもしれません。

「HUAWEI Band 7」は画面にタッチパネルを採用しているスマートウォッチです。分かりやすいユーザーインターフェース操作を提供できるため、このスマートウォッチは良いと思います。「HUAWEI Band 7」はスマホと同じように扱えるため、様々な機能を直観的に操作したいような場合にお勧めだと思います。

機能に関する詳細評価

耐水深度について

耐水深度が深いスマートウォッチは水中でも装着できるという点で優れているといえるかもしれません。水泳やダイビングをする時に使用したいならオススメと言えるでしょう。

「HUAWEI Band 7」の耐水深度は50mです。このスマートウォッチの耐水深度はほとんど同程度だと言えるでしょう。深度が深い環境でも使用するのに「HUAWEI Band 7」で通常の場合であれば多分大丈夫かと思われます。

耐水深度という点で見たとき「HUAWEI Band 7」は実の所まあまあといった感じです。普通に使う分にはあまり困らないもののため、このスマートウォッチが決定的に優秀とは言えないでしょう。少しのストレスも感じたくない人や玄人にとっては不満を感じる可能性が高く、ワンランク上を見てみた方がいいのかもしれません。

耐水深度評価
HUAWEI Band 750m45/100

防水対応について

プール等で水泳時にも装着する事できるので、防水に対応しているスマートウォッチは優秀です。雨や汗での故障を防ぎ、アウトドアや水泳などのレジャー時にも使用するのにお勧めです。

「HUAWEI Band 7」は防水に対応しているスマートウォッチです。雨天時でも安心して利用できる点でこのスマートウォッチはよいです。川や海、キャンプなど水が掛かるような場所でも使用したい時に「HUAWEI Band 7」はおすすめと言えそうです。

搭載センサーについて

加速度センサー機能について

人の速度の変化を計測することができるので、加速度センサーを搭載しているスマートウォッチは優秀な部類に入ると言えそうです。登山やトレッキングのデータを保存したいような時におすすめだと思います。

「HUAWEI Band 7」は加速度センサーを搭載しているスマートウォッチです。端末の動きを検出し、それに合わせて動作できるためこのスマートウォッチはよいです。「HUAWEI Band 7」は加速度センサーは装着している人の速度の変化を計測したいようなときに適しています。

ジャイロセンサー機能について

ジャイロセンサーを搭載しているスマートウォッチは傾き状態を計測できるため、優秀といえそうです。傾きや速度を計測するような場合に適しています。

「HUAWEI Band 7」はジャイロセンサーを搭載しているスマートウォッチです。歩行や走行中の傾きを計測できるので、このスマートウォッチは優れているといえそうです。「HUAWEI Band 7」は腕の傾きで画面を切り替えたりバックライトを点灯させたりしたいならおすすめです。

HUAWEI Band 7 の便利機能についての評価

心拍数計測機能について

心拍数を常に把握できる為、心拍数を計測できるスマートウォッチは優秀と言えるでしょう。とくに健康管理に気をつけている人が使用する場合にオススメです。

「HUAWEI Band 7」は心拍数を計測できるスマートウォッチです。心拍数を計測し、自分の体調を把握できるのでこのスマートウォッチは秀でていると言えそうです。一日のバイタル異常をチェックをしたり、健康管理をしたい時に「HUAWEI Band 7」はオススメです。

消費カロリー計測機能について

消費カロリーを計測できるスマートウォッチは健康管理やトレーニングに役立てることができる点で優れた部類に入るでしょう。自分の運動量を数値によって確認するような場合にオススメと言えるでしょう。

「HUAWEI Band 7」は消費カロリーを計測できるスマートウォッチです。ダイエットをやっている人にとって簡単にカロリー計算ができる為、このスマートウォッチは優れた部類に入るといえなくもないでしょう。「HUAWEI Band 7」はどれくらいカロリーを消費したか計測したい時に向いています。

移動距離計測機能について

移動距離を計測できるスマートウォッチは移動距離を測定できる為、優秀といえそうです。特にランニング(ジョギングを含む)、ツーリング、サイクリングなどの移動を伴うスポーツや趣味に置いて移動距離の把握をしたいような時にオススメだと思います。

「HUAWEI Band 7」は移動距離を計測できるスマートウォッチです。そのためランニング時の走行距離やペースを記録できる点において優れた部類に入ると思います。移動距離を知ったりしたいような場合に「HUAWEI Band 7」は適しています。

歩数計測機能について

歩数を計測できるスマートウォッチは一日の運動量を管理し、ウォーキング時の距離やペースを記録できる点で優秀です。一日の歩数を知り健康を維持したいようなときに向いていると言えるかもしれません。

「HUAWEI Band 7」は歩数を計測できるスマートウォッチです。運動量の計測ができ健康管理できるため、このスマートウォッチはよいかもしれません。「HUAWEI Band 7」は一日の歩行回数を確認するような時にオススメといえそうです。

睡眠状態計測機能について

睡眠の状態を計測できるスマートウォッチは日々十分な睡眠時間の確保ができているか確認できるといった点でよいといえるかもしれません。熟睡できていないように感じている人が、自分の睡眠の状態を確認するような時向いているといえそうです。

「HUAWEI Band 7」は睡眠の状態を計測できるスマートウォッチです。睡眠の質を目で見て管理することができるためこのスマートウォッチは良いといえるかもしれません。「HUAWEI Band 7」は自分の眠りの質をグラフや数値で確認するのに適しています。

着信通知機能について

スマートフォンを取り出さなくても通知を確認できる点において着信通知を確認できるスマートウォッチは秀でているかと思います。コミュニケーションをより便利にしたいような場合にお勧めだと思います。

「HUAWEI Band 7」は着信通知を確認できるスマートウォッチです。素早いレスポンスができるという点でこのスマートウォッチは秀でているといえそうです。「HUAWEI Band 7」は運転中や会議中、携帯を見ることができない状況の時、着信を確認する場合に適しているといえるかもしれません。

メール通知機能について

メール通知を確認できるスマートウォッチはスマホと連携ができ通知をすぐにチェックできる点において優れているでしょう。たとえば混雑した場所でスマホが取り出しにくい時に手元でメールをチェックするような時適していると言えるかもしれません。

「HUAWEI Band 7」はメール通知を確認できるスマートウォッチです。スマートフォンなどと連携してメール受信状態を把握できるので、このスマートウォッチはよいといえるかもしれません。手元にスマホがないときでも通知を確認するなら「HUAWEI Band 7」は向いています。

HUAWEI Band 7 の用途についての評価詳細

サイクリング対応について

「HUAWEI Band 7」はサイクリングに対応しているスマートウォッチです。

HUAWEI Band 7 の性能について詳しく評価してみた

最大記録可能日数について

最大記録可能日数が長いスマートウォッチは数日かけて登山をする場合でも、全体の工程を記録できるといった点でよい部類に入ると思います。長い日数の記録を取りたい人が使用したい時に向いています。

「HUAWEI Band 7」の最大記録可能日数は約14日です。平均とくらべてこのスマートウォッチの日数はほとんど同じくらいと言えます。長期間記録が可能なので、心拍計や歩数計、睡眠モニターなどを記録する場合、通常のケースであれば「HUAWEI Band 7」でもおそらく十分と思われます。

実際の所最大記録可能日数という点でみたときの使用感は中程度です。普通に使う分にはあまり困らないものであるため特段優れているとまでは言えません。

最大記録可能日数評価
HUAWEI Band 7約14日48/100

バッテリー容量について

長時間安心して使用できる点で大きいバッテリー容量のスマートウォッチは優秀といえそうです。長い時間屋外で作業する人が使用するようなときにおすすめと思います。

「HUAWEI Band 7」のバッテリー容量は180mAhです。これは比較的小さい部類に入るバッテリー容量でしょう。

バッテリー容量評価
HUAWEI Band 7180mAh35/100

デザインの情報詳細

本体サイズについて

本体サイズが小さいスマートウォッチは身体の小さい人や子供が使用することができる為優れていると言えるかもしれません。とくに女性が身に着けても悪目立ちしないので、華奢な人や女性が使用したいような場合におすすめだと思います。

本体サイズについて「HUAWEI Band 7」は10.8044です。普通のものとくらべるとこのスマートウォッチの本体サイズは同じくらいと言えるでしょう。着け心地が良く負担なく装着したい場合について通常なら「HUAWEI Band 7」を選んでもおそらく十分と思います。

実際のところ本体サイズという視点についての実際の使用感は中程度と言ったレベルです。普通に使う分にはさほど困らないもののためこのスマートウォッチが特別とまでは言えません。全くストレスを感じたくない人にとっては不足している可能性があり、もう一つ上を検討をお勧めします。

本体重量について

重量を苦にせずラクラク装着できるため、本体重量が軽いスマートウォッチは優秀です。付けたままでも違和感なくトレーニングしたい人が使用したいときにオススメといえるかもしれません。

本体重量について「HUAWEI Band 7」は16gです。一般的なスマートウォッチよりもこのスマートウォッチの本体重量は並外れて軽い方に入るスマートウォッチでしょう。付けていることによる違和感を軽減することができるため、この商品はすごく良いです。「HUAWEI Band 7」は長時間作業時の疲労軽減をするのにとてもお勧めだと思います。

本体重量という視点でこれ以上軽いスマートウォッチを選んでも「HUAWEI Band 7」との違いをほとんど感じられないと思われます。

本体重量評価
HUAWEI Band 716g97/100

シリコンベルトについて

汗・水への強さと軽い装着感を味わうことができるので、ベルト素材にシリコンを採用しているスマートウォッチは優れてます。柔らかく運動する際に気にならず利用したいような時に適しています。

「HUAWEI Band 7」はベルト素材にシリコンを採用しているスマートウォッチです。夏場でも快適で、水や汗を気にせず使用できるためこのスマートウォッチはよいといえるかもしれません。耐水性、耐久性を向上したいなら「HUAWEI Band 7」はオススメです。

HUAWEI Band 7 に関する詳細情報

HUAWEI Band 7
画像HUAWEI Band 7
本体重量16g
シリコンベルト
グラファイトブラック/ウィルダネスグリーン/フレイムレッド/ネビュラピンク
画面サイズ1.47インチ
画面解像度368×194
画素密度282ppi
タッチパネル
画面の表示方式AMOLED
最大記録可能日数約14日
バッテリー容量180mAh
耐水深度50m
防水対応
対応Bluetooth5
耐水性能50m防水/IPX8相当
心拍数計測機能
消費カロリー計測機能
移動距離計測機能
歩数計測機能
睡眠状態計測機能
着信通知機能
メール通知機能
加速度センサー機能
ジャイロセンサー機能
水泳対応
ランニング対応
サイクリング対応
ヨガ対応

類似のスマートウォッチを探す

他のスマートウォッチと比較する

価格をチェック

HUAWEI Band 7 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。