Fitbit Sense (2020) のスペックレビュー

作成日時: 2020-09-15 13:56:51、更新日時: 2021-10-19 15:02:59

 Fitbit Sense (2020) を徹底評価
評価のサマリー
項目評価
使いやすさ64/100
機能性84/100
総合評価46/100

Fitbit Sense (2020)は、スマートウォッチ市場で多くの注目を浴びる製品のひとつです。この製品は、強化ガラスを採用しており、タッチパネルにも対応しているため、非常に堅牢で耐久性があります。また、このスマートウォッチは、50mの耐水深度に対応しており、水泳をする際にも使用できます。さらに、防水機能により、日常生活においても問題なく使用できます。

Fitbit Sense (2020)はNFCにも対応しており、スマートフォンとの連携が可能です。また、心拍数計測機能、消費カロリー計測機能、移動距離計測機能、歩数計測機能、睡眠状態計測機能も搭載しています。これらの機能により、健康管理に役立ちます。さらに、着信通知機能やメール通知機能もあり、外出先でもスマートフォンの通知を簡単に確認できます。

音声操作対応であるため、手を使わずにスマートウォッチを操作できます。また、加速度センサー機能、ジャイロセンサー機能、高度計測機能、GPS機能、光センサー機能も搭載しているため、ランニングやサイクリングなどのアウトドアスポーツにも対応しています。

Fitbit Sense (2020)は、水泳対応、ランニング対応、サイクリング対応と多彩なスポーツに対応しています。また、デザインもシンプルでスタイリッシュなため、日常生活での使用にも非常に適しています。

総合的に見て、Fitbit Sense (2020)は、強化ガラスの使用など堅牢性に優れ、健康管理や通知確認などの機能が充実していることが特徴です。スポーツや日常生活での使用に適しており、多目的で使い勝手がよい製品と言えます。強くおすすめできます。

メリット

    -

デメリット

    -

特徴

  • 強化ガラスを使っている
  • 画面にタッチパネルを採用している
  • 防水に対応している
  • NFCに対応している
  • 心拍数を計測できる
  • 消費カロリーを計測できる
  • 移動距離を計測できる
  • 歩数を計測できる
  • 睡眠の状態を計測できる
  • 着信通知を確認できる
  • メール通知を確認できる
  • 声での操作に対応している
  • 加速度センサーを搭載している
  • ジャイロセンサーを搭載している
  • 高度を測定できる
  • GPSを搭載している
  • 光センサーを搭載している
  • 水泳に対応している
  • ランニングに対応している
  • サイクリングに対応している

よく注目される点から Fitbit Sense (2020) を評価する

Fitbit Sense (2020) の搭載センサーについて評価

加速度センサー機能について

加速度センサーを搭載しているスマートウォッチは走ったり徒歩のペースなどの速度の変化を把握できる点で使い勝手が良いです。特にランニングをしているときのペースを算出するといったようなときで重宝します。

「Fitbit Sense (2020)」は加速度センサーを搭載しているスマートウォッチです。そのため自分の移動した速度など自分の動きを計測できる点で優れています。ランニングをしている時のペース配分を計算するなら「Fitbit Sense (2020)」は適しています。

ジャイロセンサー機能について

ジャイロセンサーを搭載しているスマートウォッチは向きや傾きを計測でき、加速度計の精度を向上できる点で優れています。例えば動きを検知して運動量を計測するといったような場合におススメです。

「Fitbit Sense (2020)」はジャイロセンサーを搭載しているスマートウォッチです。そのため移動した距離や移動方向を検知できる点で使い勝手が良いです。腕を傾けたときだけ画面の電源を入れたりできるので省電力化するなら「Fitbit Sense (2020)」は向いています。

高度計測機能について

高度を測定できるスマートウォッチは登山で自分の現在の高度を知ることができる点で優れています。特に登山をする人が、あとどれだけ登れば良いかわかり、ペース配分の参考にするといった場合に適しています。

「Fitbit Sense (2020)」は高度を測定できるスマートウォッチです。そのため登山時などにどのくらいの高さにいるのかを把握できる点で使い勝手が良いです。登山で現在どのくらいの標高なのか確認するのに「Fitbit Sense (2020)」は向いています。

GPS機能について

GPSを搭載しているスマートウォッチは市街地でのランニングや登山などの細かなルートまで記録できる点で使い勝手が良いです。例えば現在どこにいるのかを確認するといった場合で役立ちます。

「Fitbit Sense (2020)」はGPSを搭載しているスマートウォッチです。そのため自分の現在位置を正確に知ることができる点で使い勝手が良いです。現在位置確認やルート記録するのに「Fitbit Sense (2020)」は向いています。

光センサー機能について

光センサーを搭載しているスマートウォッチは対応速度が早い為、検索時間の短縮や消費電力の節約ができる点で秀でています。例えば光学式で心拍数を測定するといったようなときにおすすめです。

「Fitbit Sense (2020)」は光センサーを搭載しているスマートウォッチです。そのため光を検知してディスプレイの明るさを調整できる点で優れています。屋外や夜間でも画面を見やすくするのに「Fitbit Sense (2020)」はオススメです。

Fitbit Sense (2020) の便利機能について評価

心拍数計測機能について

心拍数を計測できるスマートウォッチは運動する時はもちろん、自分の心拍数を計測することで健康管理できる点で秀でています。例えば自分の通常の心拍数を把握することができ、体の異常をいち早く発見するようなケースで役に立ちます。

「Fitbit Sense (2020)」は心拍数を計測できるスマートウォッチです。そのため身につけているだけで心拍数が測れるので、手軽に健康管理をすることができる点で優れています。ウォーキングやジョギング中に自分の心拍数の状態をチェックするなら「Fitbit Sense (2020)」はおすすめです。

消費カロリー計測機能について

消費カロリーを計測できるスマートウォッチは簡単に健康やダイエットについての管理ができる点で優れています。特に1日の運動時間や消費カロリーを記録し自分がどれくらい運動不足なのか把握するといったようなときにおススメです。

「Fitbit Sense (2020)」は消費カロリーを計測できるスマートウォッチです。そのため運動などの行動でどのくらいのカロリーを消費したのか計測できる点で優れています。日常の運動量を把握して、運動不足を改善するのに「Fitbit Sense (2020)」はオススメです。

移動距離計測機能について

移動距離を計測できるスマートウォッチは一日の運動量を正確に知ることができる点で秀でています。特に自分がどれだけ移動したかを確認するといった場合におススメです。

「Fitbit Sense (2020)」は移動距離を計測できるスマートウォッチです。そのためウォーキング時など、どれくらい運動したかという事実を認識できる点で優れています。ランニングやサイクリングで走った距離や時間、ペース、ルートなどを確認でき、ランニング履歴を可視化するのに「Fitbit Sense (2020)」はオススメです。

歩数計測機能について

歩数を計測できるスマートウォッチは万歩計を用意することなくウォーキングできる点で秀でています。例えば散歩や通勤での歩数を計測したり集計するのにおすすめです。

「Fitbit Sense (2020)」は歩数を計測できるスマートウォッチです。そのためつねに身に着けておけば一日の歩数を知ることができ健康管理できる点で優れています。万歩計を持たなくて歩数を計測するのに「Fitbit Sense (2020)」はオススメです。

睡眠状態計測機能について

睡眠の状態を計測できるスマートウォッチは質の高い睡眠をとることができているか確認することができる点で使い勝手が良いです。特に睡眠状態が目に見える化されることにより、睡眠の質を改善するといったようなケースにおすすめです。

「Fitbit Sense (2020)」は睡眠の状態を計測できるスマートウォッチです。そのため眠りにつくまでの時間、レム睡眠やノンレム睡眠などの眠りの深さなど、睡眠の質が分かることができる点で優れています。日頃の睡眠の時間や質を見直して、健康的な睡眠に改善するのに「Fitbit Sense (2020)」はおすすめです。

着信通知機能について

着信通知を確認できるスマートウォッチはメールや電話の着信確認が振動で知らせてくれてスマホを開かずに確認できる点で使い勝手が良いです。特にスマートフォンを取り出すことなく応対するようなケースで役立ちます。

「Fitbit Sense (2020)」は着信通知を確認できるスマートウォッチです。そのため着信があったことをすぐに確認できる点で使い勝手が良いです。スマートフォンがカバンに入っている時などに取り出すことなく着信を確認するなら「Fitbit Sense (2020)」はおすすめです。

メール通知機能について

メール通知を確認できるスマートウォッチはスマートフォンを取り出さずにメールの着信がスマートウォッチで確認できる点で秀でています。例えばスマホをいちいち見なくてもメールが届いていることを確認するような場合で役立ちます。

「Fitbit Sense (2020)」はメール通知を確認できるスマートウォッチです。そのためスマートフォンを取り出さず通知を確認できる点で秀でています。スマートフォンやPCを使用していない時でも、メールの受信をタイムリーに通知するのに「Fitbit Sense (2020)」はオススメです。

音声操作対応について

声での操作に対応しているスマートウォッチは指で操作しなくてもしたい操作を行うことができる点で秀でています。例えばタイマーやアラームの設定を何時にしてと呼びかけるだけで設定するといった場合で役に立ちます。

「Fitbit Sense (2020)」は声での操作に対応しているスマートウォッチです。そのため音声入力で端末を操作することができメッセージを送信したりアラーム設定やメモを取ったり様々なことがハンズフリーで操作できる点で使い勝手が良いです。モニターを操作することなく音声で質問や指示をするのに「Fitbit Sense (2020)」は向いています。

Fitbit Sense (2020) の用途について評価

水泳対応について

水泳に対応しているスマートウォッチは直接水中に持ち込むことができるので、サポートしてくれる人がいなくても泳いだ距離やスピード、心拍数の管理ができる点で秀でています。例えば防水性に優れているので、マリンスポーツをするような場合で役立ちます。

「Fitbit Sense (2020)」は水泳に対応しているスマートウォッチです。そのため耐水性に優れ水の中でも使用できる点で優れています。水泳時のデータを測定するのに「Fitbit Sense (2020)」は向いています。

ランニング対応について

ランニングに対応しているスマートウォッチは走行距離や脈拍、消費カロリーの計測などができる点で優れています。例えば走った経路や距離、時間を記録できるので、トレーニングの進捗状況を管理するといった場合で役立ちます。

「Fitbit Sense (2020)」はランニングに対応しているスマートウォッチです。そのため走行距離、ルート、消費カロリー、心拍数などを記録し、無理なトレーニングをしていないかなど健康状態まで管理できる点で使い勝手が良いです。スピードや距離等自分の走りを数字で把握して、走りの改善やモチベーションのアップをするのに「Fitbit Sense (2020)」は向いています。

サイクリング対応について

サイクリングに対応しているスマートウォッチは両手はハンドルを握ったまま移動スピードや消費カロリー、心拍数などを自動で記録できるので、わざわざ自分で計測する手間を省くことができる点で優れています。特に消費カロリーや心拍数が出るので健康管理をするのに適しています。

「Fitbit Sense (2020)」はサイクリングに対応しているスマートウォッチです。そのため自転車での移動距離や移動ルートを確認できる点で優れています。走行距離や経路を記録し、消費カロリーや心拍数などの健康状態も管理できるので、自分に合ったトレーニング方法を管理するなら「Fitbit Sense (2020)」はオススメです。

Fitbit Sense (2020) の画面について評価

強化ガラスの使用について

強化ガラスを使っているスマートウォッチは運動などしているシーンでも安心して使用できる点で優れています。特に傷が付きにくく保護フィルムを貼らずに使用するようなときに向いています。

「Fitbit Sense (2020)」は強化ガラスを使っているスマートウォッチです。そのため衝撃に強いので、万が一落としてしまった場合でも機器を守ることができる点で優れています。衝撃に強く野外などで活動するのに「Fitbit Sense (2020)」は向いています。

タッチパネルについて

画面にタッチパネルを採用しているスマートウォッチはスマホ感覚で操作できる点で使い勝手が良いです。特に直感的な操作で使用するといったようなケースで重宝します。

「Fitbit Sense (2020)」は画面にタッチパネルを採用しているスマートウォッチです。そのため画面に触るだけで、簡単に迷わず操作することができる点で優れています。画面上でスマホのように操作したい人が使用するのに「Fitbit Sense (2020)」は適しています。

Fitbit Sense (2020) の機能について評価

耐水深度について

防水機能の限界深度が深いスマートウォッチは深い水中でも使用できる点で秀でています。特にマリンスポーツをしたり、水場での作業が多い人が使用するのにおすすめです。

「Fitbit Sense (2020)」の防水機能の限界深度は50mです。このスマートウォッチの防水機能の限界深度は、標準的なスマートウォッチより比較的深い方だと言えます。防水性能の深さランキングで見てみると全1034製品中311位に入るスマートウォッチです。防水機能の限界深度という点で選ぶなら一つ上のスマートウォッチの検討をおすすめします。

耐水深度評価
Fitbit Sense (2020)50m45/100

防水対応について

防水に対応しているスマートウォッチはマリンスポーツ時などでも気にせず装着できる点で優れています。例えば水泳などの運動時にのスマートウオッチ装着でき各種計測するといった場合に向いています。

「Fitbit Sense (2020)」は防水に対応しているスマートウォッチです。そのためアウトドアで使用したりスイミング中でも使用可能にできる点で秀でています。顔を洗ったり急な雨など日常の生活やランニングや水泳などの運動をする時でも使用するのに「Fitbit Sense (2020)」はおすすめです。

NFC対応について

NFCに対応しているスマートウォッチはかざすだけで通信ができるため、簡単にデータをやり取りできる点で優れています。例えば電車の自動改札などで、スマートフォンを取り出さず簡単に決済するといったような場合で役に立ちます。

「Fitbit Sense (2020)」はNFCに対応しているスマートウォッチです。そのためNFCを搭載してる機器同士を近づけてデータ通信したり、支払いなどができる点で使い勝手が良いです。スマートホン本体を用いずにスマートウォッチのみで電子マネーの決済をするなら「Fitbit Sense (2020)」は向いています。

Fitbit Sense (2020) の詳細情報

Fitbit Sense (2020)
画像Fitbit Sense (2020)
カーボン/グラファイト/ルナホワイト/ソフトゴールド
強化ガラスの使用
タッチパネル
画面コーティングゴリラガラス
画面の表示方式AMOLED
耐水深度50m
防水対応
NFC対応
対応Wifib/g/n
対応Bluetooth5
耐水性能50m防水/IPX8相当
心拍数計測機能
消費カロリー計測機能
移動距離計測機能
歩数計測機能
睡眠状態計測機能
着信通知機能
メール通知機能
音声操作対応
加速度センサー機能
ジャイロセンサー機能
高度計測機能
GPS機能
光センサー機能
水泳対応
ランニング対応
サイクリング対応

Fitbit Sense (2020) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。